FC2ブログ

黒の領域 ~ DeltaWing ~ Michel Vaillant ~

 27,2013 23:29
僕が”ラ・フランス”と呼ぶ女性との出会いは
一年前 ル・マンで日産のデルタウィングがクラッシュしたときに遡る
DeltaWing

Cafe bar Casablancaでは 毎月1回フランス映画祭と題して
トリコロールシネマで彩られるが
6月だけは チャーリー(マスター)の趣味で
24時間ル・マンが中継される
いつもはJohn WayneやAlain Delonが 
颯爽と現れる 100インチスクリーンも 
今日だけは GTカーやWSCカーの独壇場だ

その年 異彩を放ったのは ニッサンのデルタウィング
新時代の環境技術を用いた新カテゴリーマシン
"ガレージ56"からエントリーされた 真っ黒なロケットスタイルは 
ブラック魔王のゼロゼロマシーンを髣髴させた
無邪気な僕は 画面に釘付けとなった

そんな僕の視界の一部が 微妙にぼやける 
焦点のあわない歪んだ空間に目を向けると
その中心は デルタウィング以上に漆黒なワンピースの女性がいた
それがラ・フランスだった
カノジョは 右手に Casablanca特性カクテル”おぼろ月”を手にしている

~ジンベースにアプリコットジャムを加えたカクテルで
 表面に アネモネの花弁が粉雪のように散らされている~

カノジョは 周囲の温度を5℃下げるオーラを纏っていた
カーバトルが白熱するほど 
ラ・フランスの黒の領域は より冷たく光りの届かない世界へ落ちていった



 「ミシェル・ヴァイヨンの世界は嫌いですか?」
僕は カノジョに声をかけた 
正確に言えば 声をかけなくてはいけない そんな衝動に駆られた
ふいに声をかけられたにも関わらず カノジョはさらりと答えた
 「リュックベッソンの製作脚本のシネマは 私には少し眩しすぎるわ」
この店の常連でも ミシェル・ヴァイヨンを 
リュックベッソン監督作品と勘違いしている人が多い 
ヒヤリとしたカノジョの正確な回答に 僕の鼓動は激しくなった

この胸の響きは 間違いなく カノジョに届いている・・・
そう思った瞬間 僕は完全にスパークした 
 「どうやら僕は あなたに恋をしたようです・・・
  貴方を 僕の世界に迎え入れたい」
暴走気味な告白に カノジョはマネキンのように言った
 「年上の女性に対して 唐突な誘いは失礼よ・・・」
マネキンがカクテルを飲むときは きっとそうであろう仕草で
カノジョは ツウとグラスをあけた 
 「でも あなたの素直な瞳に免じて チャンスをあげる
  私がこの店に来るのは フランス祭の日だけ・・・
  1年後のル・マンまでに 私がゆらりと揺れるような一言が用意できるかしら・・・」
そう言うと ラ・フランスは 僕の頬に顔を近づけた
オレンジとローズ そしてインドジンジャーがミックスされたオリエントの香りが 
僕の鼻孔を撫でたとき
”Chu” 
「さよなら坊や・・・」

その瞬間 100インチ画面の中で デルタウィングがクラッシュした・・・



それから僕は フランス祭の度に ラ・フランスに告白した
~君の瞳に乾杯~から始まって 直球勝負の~僕は死にません!~まで 
11回のチャレンジは どれもカノジョを 揺さぶるだけの効果はなかった
そして最後のチャレンジの日 再びル・マンがやってきた

Casablancaのモニターには 
アウディとトヨタの熾烈な戦いが繰り広げられていた

 「今日こそは・・・」
秘めた思いで 席に着いた僕に チャーリーが一枚の手紙を差し出した
オリエントの香りが仄かに漂う グレーのレターは
カノジョの意志であることを主張するように ひんやりとしていた 
 ~ 約束を破ってごめんなさい 急きょパリに旅立つことになりました
    私は 貴方が思うような女ではないの・・・ さよなら ・・・~


僕の世界が大きく傾いた・・・
ミシェル・ヴァイヨンのように強くない僕は
たちまち 真っ黒な領域に包まれた

その時・・・ 肩に そっと手が置かれた
顔を上げた僕の前に立つのは 
ブルー&ホワイトのストライプのワンピースに赤いヒールの女性だった
胸に手をあてて 振り絞るように トリコロールな女性は言った
 
 「ミシェル・ヴァイヨンの世界は嫌いですか?」

初々しい笑顔に
僕の廻りを覆うモノトーンの世界が フルカラーに代わり始めた




Michel Vaillant

新品価格
¥3,421から
(2013/6/28 00:41時点)




スパーク 1/43 デルタウイング ニッサン ル・マン 24時間 2012 ♯0 M. Franchitti _ M. Krumm _ S. Motoyama

価格:6,500円
(2013/6/28 00:49時点)
感想(0件)



スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.