FC2ブログ

八十八夜 ~ A1 ~ Donnie Darko ~

 02,2013 23:59
茶畑が織りなす山肌のストライプが
この地の謂れを刻む 集積回路のようだ
五月風と陽の光を受けて ところどころで Kirari Kirari 
人の記憶も 極少のパルスで成り立つとすれば
この山の記憶や感情も あの輝きの中に凝縮されているのだろう
 
僕は 思いっきり深呼吸した
八十八夜を迎えた山間の どことなく甘美な空気は どこまでも優しかった・・・

茶摘みの風景をカメラに収めるべく 
僕は 天然のマザーボード(茶畑)を横目に A1のアクセルを踏む

A1

Doka!!
 「うわっ!」
突然 つげの笠をかぶった女性が飛び出してきた

幸い 自転車並みの速度で走行中だったA1の
それも側面にぶつかった カノジョに 怪我はなかった
 「ごめんなさい・・・」
フワリと弧を描いた 笠の下から グレッチェン・ロス(Jena Malone)に似た
ストレートヘアーのカノジョが現れた

少し間違えば 犯罪者になっていた僕は
腹を立てる気満々だった 
ところが
さらりと 僕の心に浸透してくる カノジョの雰囲気が 
その機会を永遠に封印した

それどころか・・・
茶摘みの衣装を纏った カノジョの天然の輝きに魅了された僕は
無意識に言っていた
 「モデルになってくれないか?」と

新緑の茶畑の真ん中で
茶摘みの街で育った カノジョの小麦色の笑顔は 
数々の名画で描かれたヒロインを彷彿させた

一目惚れした僕は 茶摘みで傷だらけのカノジョの両手を握ると
その日のうちに プロポーズした
そんな 僕の拙速な行動にもカノジョは さらりとOKを出した

夢のような出来事だった

しかし 茶畑から遠のいた生活を続けること半年
秋番茶を摘む頃 僕たちの関係は 終焉を迎えた
都会に馴染めないカノジョの胸に溜まった カプカプとした思いが 限界を迎えた
 
家を飛び出したカノジョの前に 車が突進してきた
今度の車は ゆっくりとは走っていなかった・・・
カノジョの人生は あっさりと終わった
涙に明け暮れた僕は カノジョの写真を見つめているうちに
Donnie Darkoを思い出した・・・



たった一度だけ 未来を変えることができる力
それを使えば カノジョは救える 
しかし それと引き換えに 自分の存在は カノジョの記憶から消えていく・・・

ふと目を開けると 一面新緑の茶畑が広がっている
 「夢か・・・」
甘い香りに誘われて 僕はいつしか転寝していたようだ
A1の運転席から 下りた僕は 大きく深呼吸した後 
フリスクをカリッと噛んで A1を発車させる

暫く進むと 見覚えのある景色が現れた
 「あそこは カノジョが飛び出してきた場所だ・・・」

僕は車を10m手前で停止させた

!!
突然 つげの笠をかぶった女性が 飛び出してきた
Dosa!!
 「痛たた・・・」
笠をつけたままで 恥ずかしそうに 
ぺこりと頭を下げた女性は そのままA1に背を向け走り出す
 「君っ・・・」
僕は カノジョを呼び止めようとして・・・やめることにした

側道には カノジョが落とした茜襷があった
 「そういえば あの時のカノジョも茜襷をしていなかったなぁ・・・」
茶摘みでは 止血剤として使われた真っ赤な布が 
僕のハートの傷を フワリと覆う

出会わないこと・・・
それが カノジョに対する僕の愛なんだ・・・







Cult Classics - 12 Inch Talking Action Figure : Donnie Darko - Frank The Bunny

中古価格
¥24,800から
(2013/5/2 23:52時点)




Iphone 5 アイフォン 5 case カバー Audi A1 sport アウディA1スポーツ ref 2

新品価格
¥1,600から
(2013/5/2 23:53時点)



スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.