FC2ブログ

約束の証人 ~ Custom 300 ~ psycho ~

 14,2013 23:26
 「先生 急患受入の要請です! 
  5歳の女の子! チアノーゼが出ているようです」
 「わかった 至急 受け入れの準備!」
 
街の小児科に自由はない・・・
僕は 再び白衣に戻ると カノジョの携帯に連絡を入れた・・・

 Ptunn!

今日の予定を中止する話になった途端 カノジョは電話を切った・・・
 「当たり前だよな・・・」

2月14日も同じだった
2時間遅れで スタートしたバレンタイデーは カノジョのプランを台無しにした
カノジョの機嫌を直すため 僕はその日 
3月14日の”RISTORANTE OZIO”のフルコースを予約した
 「そんな・・・悪いわ・・・」
というカノジョ 
隠し切れない笑顔をみてホッとした 

その時のカノジョの笑顔が 僕の大脳に浮かぶ 
突如 天使のような笑顔は 90度左に転回し 憤怒の形相が現れた 阿修羅の様に・・・

 「喘息による気道閉塞が起きていて 体内の酸素量が低下したんだ
  怖かったと思うけど 気管支拡張薬を投与したので もう安心だよ」
女の子に付き添う母親の目には 涙が浮かび 父親は僕に向かって何度も頭を下げた

この瞬間(ひととき)こそ 僕の生きがいなんだ・・・
つかの間の喜びが 僕の疲れを癒した・・・
!!
次の瞬間 現実が津波の様に押し寄せた
 「さすがに 今度は許してくれないだろうな・・・」
時計を見ると 日付は3月15日に突入していた・・・

Custom 300

Ford Custom 300 Fordor Sedanが いつも停車している Cafe ”Hitchcock”
その向いに 僕のマンションがある
深夜なのに 遠くでカラスが鳴いた
 「さみしい 夜だな・・・ 襲ってくるなよ・・・」
僕は ヒッチコックの鳥を思い出しながら 部屋に入った

真っ白なベッドに観葉植物ポツリと一つ 
寝るだけの部屋に 生活感などあろうはずもない
灯りをつけると すっかり眠りについた 
アカサヤネムノキが 迷惑そうに葉を広げようとした
 「悪い悪い・・・」
僕は 部屋の灯りを あわてて消した

!!

ほのかに漂う柑橘系の香り

???・・・
ふとベランダを向くと 真っ白なカーテンに人影が写った
右手には・・・ナイフ・・・
 「ノーマン・ベイツ??(Anthony Perkins)」
シャワールームで女性が襲われるシーンが 脳裏をよぎる・・・
3月15日・・・315・・・あぁ 今日はサイコか・・・


 「今日も 小さな命を助けてきたんでしょ・・・私を置き去りにして・・・」
突然 カーテンの向こうから 女性の声・・・カノジョだった・・・
カノジョに この部屋の鍵を渡してあったことを思い出した
・・・カノジョに刺されて僕の人生 The End・・・
そう思った直後 
春の温かい風が カーテンを押し上げる カノジョの右手にあったのは・・・ワインだった
 「貴方のプレゼントのお返しに 用意していたの・・・」
 「ゴメン・・・」
僕は それ以上何も言えなかった
 「あなたと付き合うと誓ったときに こうなることは覚悟していたのに・・・
  でも やっぱり つらいわね・・・」

 「ゴメン・・・」
僕は ポケットから小さな箱を取り出した
 
 「こんな生活が続くと思う でも 君には そばにいてほしい 
  恋人ではなく 僕の妻として」
箱の中には 月明かりで輝くダイヤのリングがあった・・・
90度左に転回したように カノジョの顔は涙で一杯になった
 「私を待たせたときは プレゼントが必要よ・・・」

OKの代わりに 僕は カノジョの頬にキスをした

眩しい月明かりで 目を覚ました 
アカサヤネムノキが 二人の約束の証人になった




ART / PHOTO Tシャツ ムービーTシャツ アルフレッド・ヒッチコックの映画界名作サイコのポスター風デザインTシャツ psycho (M, YELLOW)

新品価格
¥2,570から
(2013/3/14 21:29時点)




'57 フォード カスタム 2イン1

新品価格
¥3,528から
(2013/3/14 21:27時点)




スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.