FC2ブログ

Blue Moon ~ S8 ~ Transporter2 ~

 20,2012 23:23
AM05:49

目覚まし時計が鳴り始める少し前
僕は いつもと同じように 時計をチェックした

Chirrrrrrrrrrrrrrr・・・・・・Paci!
今日も 秒針は既定の仕事をしっかりこなした

ステレオの電源をONにして窓を全開にすると 
Softly, As In A Morning Sunriseに合わせて エウロス(東風の神)が 駆け抜けた



鉢植えのコルチカムと松虫草が 葉を揺らしてシャワーを求めている
僕は 蛇口を4回と1/4ひねり ミストシャワーをプレゼントした
淡いブルーの彼女達は 花弁を水滴のラメでキラめかせながら 可憐に踊り続けた
(花言葉:コルチカム・・・楽しい思い出 松虫草・・・すべてを失う)
彼女達の姿を背にすると 僕はサイフォーンに火を入れ バスルームに向かった 
コーヒーが出来上がる2分間が僕のモーニングシャワータイム

 「あなたは 確かに几帳面で誠実 そして私を大切にしてくれるけど 
  私は・・・ときめかないの・・・」
昔付き合っていた 小麦色の肌のカノジョが僕に残した最後の言葉・・・

そうさ・・・
僕は毎日を限りなく計画通りに 繰り返すことを美徳としていた
天空の星たちが 北極星を起点として寸分たがわぬ動きを何万年も繰り返すように

しかし カノジョは 閃きで行動するタイプだった 
僕はいつもカノジョに振り回されていたが 
いつかカノジョの行動さえも 自分の流れに組み込めると信じていた・・・

黒のスーツを着て Audi S8の運転席に座した僕は ナビが示す北の方角を一瞥した
しかし・・・ V型10気筒エンジンが囁く 
僕は  南にハンドルを切った

S8

『白くて丸いけど いつも丸いわけじゃない』
あるとき 僕はフランク(Jason Statham:Transporter2)が出した
なぞなぞをカノジョに出題した

 「雪だるま」とカノジョは答えた
・・・不正解・・・
『二つ目のヒント 時々 半分だったり まん丸だったり細くなったりする』
 「つらら」
・・・不正解・・・
『三つめのヒント 明るかったり 暗かったり 両方だったり』
 「トイレの電球?」
・・・×××・・・
『最後のヒント 今まで歩いたのは 運のいい何人かだけ』
 「武道館のステージ!」
僕は二度と カノジョになぞなぞを出すまいと思った



人気の少なくなったビーチに到着すると 僕はスーツを脱いで
ひたすら泳いだ どこまでも・・・ いつまでも・・・ 
太陽が 東から規定通りの弧を描き 西の空に落ちる
続いて空には 雪だるまでも つららでもない 
ましてはトイレの電球でもない 正解が昇ってきた

その頃 純白のドレスを纏ったカノジョは 流れる雲の合間に浮かぶ それを見て
Fufufu・・・と微笑んだ 昔付き合った彼を思い出して

 「僕は30歳で結婚して 32歳で子供をつくる 仕事は60歳でやめる
  君は どんな将来設計をしているんだい?」
几帳面な彼が言った

 「将来?・・・私は・・・
  この先 何が起こるのか楽しみにしたい! だから予定は未定!!」
あのとき・・・天真爛漫なカノジョは言った

今日 僕は30歳になった 
日々 予定調和で生きる僕の 長期計画はもろくも崩れ落ちた
一方 自由気ままな カノジョは 今日 新しい生活を迎える・・・

9月30日 僕のスケジュール帳では 
二つのミーティングのあと19:00帰宅と記されていた
しかし 既に時計は 19:00をさそうとしていた
 
Hahahahaha・・・

心のそこから 笑いがこみ上げてきた 僕はノンアルコールビールを 
中秋の名月に向けて差し出した 
 「自由気ままな かぐや姫に乾杯!」

昔付き合った彼の言葉・・・
 「君が自由人なのはいいが そんなに日焼けしてはいけない
  自分の身体をもう少し労るべきだ それに・・・君は白がよく似合う・・・」

カノジョの肌は あの頃と違い 透き通るように真っ白だった
瞳に溜まった涙がこぼれないように 空を見上げると Blue Moonが揺らいでいた



スポンサーサイト



Latest Posts -

01 2020/02 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29