FC2ブログ

スカンジナビアの雫 ~ V70 ~ Pirates of the Caribbean ~

 14,2012 23:59
ジャック・スパロウが バルボッサに心臓を一突きされた瞬間
僕はポップコーンのシャワーを浴びた
それがカノジョとの出会いだった


ナチュラルロングウェーブのエリザベス・スワン(Keira Knightley)に似たカノジョは 
お詫びにと 僕をCafe Casablancaに誘った
呪われた海賊たちには申し訳ないが 
僕は ドクロマークのコインよりも 貴重な時間を手に入れた

 「さっきはごめんなさい でも勘違いしないでね
  あれは 驚いたんじゃないのよ つい手が出ちゃったの」
クリームブリュレを頬張りながら 右腕で剣を振り下ろす仕草で カノジョは言った
 
海賊映画で反応するとは 名のある剣士 若しくはACT中毒か
どちらにしても男勝りであることには 間違いなさそうだ・・・

そんな 妄想はもちろん僕の思考回路内に留めておいた
しかし 少しにやけながら ミルクレープに奮戦する僕を見た カノジョは言った
 「信用してないでしょ! いや 私のことを男見たいだ と思ったでしょ!」
凄腕の剣士に決定!
カノジョの洞察力に感服した僕は 低頭した

大学で北欧史学を専攻するカノジョは 
ヴァイキングからサンタクロース そして北欧神話を例に上げて
スカンジナビアこそ ファンタジーの聖地だと言った
そこで僕は スィーツのお礼に ファンタジーの聖地が生み出したV70でカノジョを家まで送ることにした
V70

ボルボV70 T5Sport LHDは 強剛性のボルボにありながら 
なめらかなボディラインを魅せる いわば女海賊といったところ
スカンジナビアファンのカノジョは 子供のようにはしゃいで 
リアウィンドウには ジョリーロジャーが似合うと言った
 「スカンジナビアに興味アリといいながら 
今日の映画はカリブ海がテーマだったような・・・」
僕の素朴な質問に
 「小さなことにこだわる男は大成しない!」
とカノジョ
どこまでも振り回されっぱなしだったが そんなカノジョが愛おしくなった
その日 僕たちは”恋人同志”になった

僕たちのデートは V70を海賊船に見立てたドライブ
新しい街でお宝・・・といっても地産の美味しいスィーツを発見することだった
”霧原”(葉山)で海に突如現れた氷山のような天然かき氷を食べれば
NASU SHOZO(那須)で黄金色に輝くベイクドチーズケーキを堪能する

探究アイテムはエンドレスだったが 時間の流れは 無情だった 
大学の卒業式を機に カノジョうは故郷に帰らなければならなかった
このまま一緒に暮らしたいと願うカノジョを 僕は故郷に帰えるように促した
自分の経済力に自信がなかったからだ

 「3年以内に君を迎えにいくよ」
そう言う僕の言葉を信用して カノジョは無理やりつくった笑顔を後に故郷に帰った

しかし 現実はそううまくはいかないものだ・・・
社会が悲鳴を上げるような経済状況は 僕の会社にも大きな影響を与えた
明日 自分の会社が存続できているかわからない そんな日々が続き 
彼女との約束をかなえることは難しくなった 

一人でデッドマンズ・チェストを見た日 カノジョから手紙が届いた
見合いをすることになったという内容だった 
それでも僕はカノジョを迎えに行くことはできなかった
翌年 カノジョから結婚を知らせが届いた 
僕の恋は ワールド・エンド となった・・・


次の日 僕は城ヶ崎の突端に居た
V70のリアウィンドウに貼られた ジョリーロジャーから 銀色の雫がこぼれた
それは単に梅雨の雨粒だったのか 
それともV70に宿るヴァイキングの涙だったのだろうか 
 「ウィリアム・キッドの財宝を手に入れた同志に 幸あれ」
僕は カノジョの思い出を吐き出すように 海原に向けて カノジョの名前を叫んだ




パイレーツ・オブ・カリビアン/ブルーレイ・トリロジー・セット (数量限定) [Blu-ray]




KEN-1(イラスト): Volvo(ボルボ) V70



  
 
スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.