FC2ブログ

アバウト・タイム ~ プレリュード BB4 si 1996 ~

 05,2020 23:00
この交差点を左折した後
VTECパワー全開にすると ギリギリ次の交差点も抜けられる
そうすれば 
この先の信号はオールブルー
でも・・・
今日の僕は 気まぐれに アクセルを緩めた

信号が変わった瞬間 飛び出してきた女性は・・・

Mika-san だった

プレリュード BB4 Si 1996

高校の一つ年上の先輩・・・
カノジョを見送った卒業式以来の出会いだった

あれから6年・・・
部活で 小麦色に焼けたボーイッシュなカノジョが
色白で セミロングの髪型になっていたのに 気付いたのは 
カノジョのちょっとした仕草のせいだ

右手の人差し指で鼻の下をこすると
すぐに もう一度 左手で同じことをする

「同じ方向ばかりだと 鼻が曲がっちゃうから」
なんて言っていたっけ・・・
そんな 記憶の中のカノジョが 人見知の僕に 勇気を与えた
気付くと僕は 
ウィンドウを開けて カノジョの名を呼んでいた

「卒業式以来だね・・・ 
 プレリュードなんか乗っちゃって・・・大人になったねぇ」

助手席のカノジョは 
あの頃のように 眩しい笑顔だった

「ありがとうございます・・・」

勢いで声をかけたのはよかったが 話が続かない
カノジョとの あいさつが一通り終わると
車内は カーステレオと ツインカムのサウンドだけが響いた
そんな中 突然カノジョが言った

「助手席は・・・ 誰かの指定席?」

!!

「いえ いえ・・・ そんな人いません」

そう答えると カノジョは 今日一番の笑顔で言った
「そう! じゃ今度 正丸峠に連れて行って・・・」

カノジョを送り 駐車場に戻った
僕にも ようやく 満開の桜の季節がやってきた



いつものように 
BB4のフロントをなでながら ”今日もお疲れ” と一言

!!

と・・・その時 
右フロントバンパーが 大きく傷ついていることに気付いた

あれっ・・・
と思った瞬間 記憶が揺れた 目が廻る・・・ そして・・・

僕は いつもの交差点にいた
交差点を抜けると ぐいとアクセルをべた踏み!
次の交差点を 勢いよく通過!! 
しかし・・・
次の瞬間 背後でパトランプが輝いた・・・

何気なく 探った左ポケットには違反切符があった・・・

再び 目が廻る・・・

僕は いつもの交差点にいた
交差点を抜けると ぐいとアクセルをべた踏み!
次の交差点を抜けようとしたとき
背後に 刺すような視線を感じた僕は アクセルから足を外す
バックミラーには 見覚えのある ゼロクラウンの覆面パトカー・・・
ほっとしたの束の間 
停まらぬBB4は 歩行者のいる横断歩道に突っ込んだ

Don!!

鈍い音とともに 目の前の景色がぐるりと廻る・・・



そして 僕は 
再び いつもの交差点にいた

・・・ 

BB4は 交差点を直進した

もう暫く 
彼とのドライブは 私だけであってほしい
交差点に 残されたVTECのエキゾーストが そう呟いていた・・・




アバウト・タイム~愛おしい時間について~【Blu-ray】 [ ドーナル・グリーソン ]

価格:1,100円
(2020/4/5 23:57時点)
感想(8件)




NEO SCALE MODELS 1/43 ホンダ プレリュード MKIV ベージュメタリック Honda Prelude met.beige

価格:18,480円
(2020/4/6 00:00時点)
感想(0件)





スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.