FC2ブログ

幸せのレシピ ~ スパイダー 1980 ~

 15,2019 21:07
報酬をもらうということは 完璧な仕事を求められるということだ
常に緊張感をもって業務にあたる
その姿勢が 会社のためでもあり 自分のスキルアップにもつながる
私は そう部下たちに指導してきた
その結果は 数字として表れた
会社の業績を下支えしたのは 間違いなく私のチームだった

そんな私が 上席から呼ばれた
会社が新規事業を進めていることは 噂で聞いていた
ついに私も役員に・・・
自分自身に さら厳しいハードルを課すことを胸に秘め
天然無垢のウエスタンレッドシダーでできた 
分厚いドアを叩いた



Kon Kon Kon

ノック音は 私の心意気を察したかのように
いつもより高い音色を奏でた・・・

しかし
重厚なドアでさえ 比較にならないほど 
部屋の空気は重たかった

口元だけ吊り上がった人形のような上席の笑顔は 
良くない知らせがあることを告げていた

「今月も調子よさそうだね
 君のスキルの高さには 本当に驚かされるよ 間違いなく 君は我が社のエースだ」

「ありがとうございます・・・」
そう言いながら 頭を下げた私が 頭を戻す前に 上席は 話し出した

「ただ・・・  君のチームは 離職率が異常に高いことを 君は知っているのかな」

「それは・・・」

私は自分に厳しく そして 部下にも完璧を求めた
常にアンテナを張り 周囲の環境変化に敏感であること
戦場のような空間こそが 求められる職場である
私の指導に不服があるなら 去るがいい
私は 引き留めることをしなかった

「今の社会では そういうのをパワハラと呼ぶんだよ」

上席は 作り笑顔のまま そう言った

「君は 少しリフレッシュしたほうがいい
 ここ数年 有休どころか 公休日さえも消化できていないようだからね」
・・・

12月だというのに20度を超えた平日の昼間
スパイダーのフードを全開にして 
西に向かっていられたのには そんな理由があったからだ

スパイダー1980

「あなたは 私が風邪をひいていても全く気付かないのに
 運転席に座っただけで 
 スパイダーの具合が わかってしまうのよね なんか嫉妬しちゃう!」

家内は よくそんなことを言っていた
確かに カノジョの言うとおりだった

運転席に座って 眼を閉じると 聲を感じた 
頻繁に故障するアルファロメオ・・・
旅先で動かなくなったら大変だという思いからくる緊張感
それは仕事で感じる それに似ていたのかもしれない
脳細胞に直接こだまするような聲は 同じものだった

そう・・・ 
私は 休むことなく常に緊張感の中にあった

そんな私が 
目的のない長期休暇という 長い時間の牢獄に放り込まれた

緊張感のない時間を
どう過ごしていいのか わからなくなった私は
スパイダーを駆って 西に向かった

夕日をいっぱいに浴びた丘の上に
カノジョはいた



「どうしてだろう
 いつも気を配り 緊張感いっぱいの世界にいた私が 
 なぜ君の病気に 気が付かなかったんだ・・・」

ずっと心の中に しまっていた質問を 私は はじめて口に出した

「それは・・・」

カノジョの声が聞こえた
緊張を感じさせない あの優しく懐かしい響き

「あなたが唯一・・・ 私の前では 寛いでいたからでしょう?」

!!!

洪水のようにカノジョとの思い出が 私の中に入り込んできた

新婚のころ・・・
「このハンバーグ・・・ 何なんだ!
 今までに食べたことない おいしさだ・・・
 どうしたらこんな風に作れるんだい
 特別な調味料でも入れたのかい?
 いや・・・肉の混合比率に仕掛けがあるのか それとも火加減か・・・」
ぶつぶつ言いながら 頬張る私の耳元で 

「それは 愛情という”幸せのレシピ”です」

カノジョは 二人で初めて見た映画になぞらえて 
はにかんだような笑顔で答えた

Fyuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuu
北から吹きてきた 冷たい風が 記憶を旅していた私を 呼び戻した

「あぁ・・・
 君は ニック(Aaron Eckhart)のように 
 のんびりとおおらかに・・・ そう言いたいんだね」

西の丘に立つ カノジョの名前が刻まれた石に
夕日が差し込み きらりと輝いた

緊張の呪縛から解放され
身軽になった私は スパイダーのソフトトップを閉めると
また来るよ・・・ そう言い残して 西の丘を後にした

Pusun ! Pusun !

スパイダーは 5kmほど走ったところで エンストを起こし・・・停まった・・・

いつもの聲は 
聞こえてこなかった 
 
レッカー車がやってくるまで バーンスタインを ゆっくり聴けるな・・・
そう思える 私がいた





【バーゲンセール ケース無】【中古】DVD▼幸せのレシピ▽レンタル落ち

価格:99円
(2019/12/15 20:57時点)
感想(0件)




【送料無料】模型車 モデルカー スポーツカー アルファロメオスパイダーvitesse 143 alfa romeo spider 1980

価格:19,980円
(2019/12/15 20:58時点)
感想(0件)




スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.