FC2ブログ

ブライトバーン ~ クロスビー 2018 ~

 17,2019 22:28
「私だったら あんな風にはならないなぁ」
こんな感じで いつも唐突に 話しを はじめるカノジョ

普通 人は 君の思考回路を のぞき見ることはできないのだから
会話を楽しみたいのなら
多少 話しの前後に 内容がわかる ヒントを出したほうがいいよ

助手席で 小春日和の日光に照らされ  
必死に睡魔と闘っていた僕の口は
「そうだねぇ・・・・」
当たり障りのない言葉を 自動的に発していた

そんな僕を 横目で見ていたカノジョは
あたかも ぐい呑みで 日本酒を空けるように
缶コーヒーをグイと 一気に飲み干して

haaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

と 大きなため息をついた
そして 
「ほんの少し あんたも ブラントンみたいに刺激的だったらねぇ」
とぼやいた



日本橋生まれのカノジョは
今では 天然記念物のような生粋の江戸っ子
僕と二人だけの時は
こんな風に 荒っぽい口調になる

「君も もう少しだけ 僕にやさしくなるといいのにねぇ」
心の中で そうつぶやいた時・・・

Kyeeeeeeeeeeee

と クロスビーのタイヤが唸った
急ブレーキ !!

「あぶねぇーなー あん畜生!」
カノジョが ・・・ 怒鳴った
そうそう・・・
カノジョは ハンドルを握ると 更に過激になる・・・
今では 
死語になりつつあるが まさしく瞬間湯沸かし器!!

「そんな 運転して タダで済むと思ってんのか! この野郎!!」
「女だと思って なめてんな!」

罵詈雑言とともに アクセルワークが荒くなる
間違いなく かわいらしいクロスビーの 
真ん丸目玉も 吊り上がっているに違いない

クロスビー 2018

さっきまで 
「私はあんなふうにならない」とか 言っていたくせに・・・
運転席のカノジョの目が 赤く光って見えた・・・

「やれやれ 失敗・・・ 失敗・・・」
あんまり 気持ちのいい天気だったので
ちょっと 気が緩んでしまった

うちポケットにしまっていた サングラスを掛けた僕は
フロントウィンドウの先を 凝視した・・・

ボワリ・・・ 瞳が真っ赤に輝く・・・

すると・・・
カノジョをイラつかせた 
マナー違反のBMWは 左折していった
更に 僕らの前に終わりなく続いていた車両が
右に 左に曲がりはじめ・・・
そして 僕らの前に車は 一台も なくなった

「ありゃアリャ・・・ 
 休日の午後 それも万年大渋滞の246号が がら透きじゃん!! ラッキー!!」

カノジョの顔が いつものような やさしい笑顔に戻り 
気持ちいい 運転に変わった

Fuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuu 
と一息・・・
 
ブラントンに比べれば 
ちっぽけな能力だけど 
君とクロスビーが 気持ちよく走るためには 十分な能力だ


Zedd – Beautiful Now

「首都高速の下に入ってから サングラス掛けるなんて バカだよねぇ」

相変わらず 手厳しい言葉・・・
それでも 
カノジョは僕を見るたびに
ほんの少し あったかい光が浮かぶ

それで 十分さ・・・ 

居心地よくなった助手席で・・・ 僕は再び ウトウトし始めた




【映画ポスター】 ブライトバーン 恐怖の拡散者 Brightburn ジェームズ・ガン監督 /ホラー インテリア アート フレーム別 /両面 オリジナルポスター

価格:9,400円
(2019/11/17 19:50時点)
感想(0件)




車種別かわカッコいい キーホルダー ギフト イラスト 名入れ プレゼント ナンバー 車 メンズ 誕生日 彼氏 クリスマス 男性 贈り物 秋特集 スズキ クロスビー MN71S型 送料無料

価格:2,480円
(2019/11/17 21:57時点)
感想(2件)



スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.