FC2ブログ

ポビーとディンガン ~ 260RS オーテックバージョン 1997 ~

 24,2019 23:43
都会の会社に就職して
一年が過ぎようとしている

しかし 仕事が終われば 寄り道もせず
故郷を思い出させる
北向きの 凍りついたワンルームアパートに逃げ帰るだけの私は 
時という概念から はじき出されたように
毎日 同じ生活を リフレインしていた

両親を早くに亡くした私を 大学に進学させ 
成人するまで養ってくれたのは 
12歳年上の兄だった

そのころの私は 
人並みに 時の中で生きて 青春を謳歌していた
それも 兄がいてくれたから・・・

挫けそうな 
ビックウェーブが 押し寄せてきても・・・

「いくぞ!!」
兄は 私をドライブに誘った

BCNR33スカイラインGT-Rが
兄の繊細なドライビングと RB26DETTエンジンの圧倒的なパワーで 
山道を切り裂くように走り抜ける

すると 私を飲み込もうとしていた悩みのビックウェーブは 
圧倒的な スピードに負けて 
山道の中で消えていった

四点ベルトの助手席は 母に抱かれているようで 
帰り道・・・
いつも 私は心地よく眠ってしまった
家に到着すると 
兄は そんな私の頭をかきむしる様に 豪快に撫でて起こした
がさつだったが 愛情のこもった掌だった

そんな 兄も 私の社会人の姿を見る前に 
あっけなく 向こうの世界に逝ってしまった

がん・・・だった

駐車場に残された主を亡くしたブルーのGT-Rが 
真っ白に見えた・・・

だから・・・
私は このアパートの駐車場に
ブルーのBCNR33スカイラインGT-Rが停まっていたという理由だけで
この部屋を借りた



BCNR33スカイラインGT-Rは
毎日 22:00に出かけて 24:00に帰ってきた
RB26DETTのエンジン音を聞くたびに 
ポビーとディンガンが見えたケリーアン(Sapphire Boyce)のように
兄が見えた

そんなある日・・・
初めての残業を経験した私は 
GT-Rの現実の持ち主に遭遇してしまった・・・

兄が消えてしまいそうで 
現実世界の持ち主には会いたくない・・・
そう思っていたが・・・私の嫌な予感は的中した

運転席に乗り込もうとしていた男は 
兄の面影を全く感じられない
クロムハーツのチェーンを手首に巻き付けた 金髪の若者だった

思わず 立ち止まってしまった私に気づいたその男は言った

「ねぇ 君ぃ・・・ 一緒にドライブしなーい」

首筋が ゾクッりとするような粘着質な声だった・・・

何も聞こえなかった素振りで 自宅に向かおうとする私に 

「無視するなよ・・おいっ!」

チンピラのような口調になった男は 
逃げようとする私に飛びついて 右手を掴んだ

いやっ・・・ 

反射的に 小さな悲鳴を上げた そのとき・・・

Booooonnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn!

眩しいハイビーム共に RB26DETTのエンジン音が響いた

えっ・・・ 
GT-Rがもう一台あったの・・・

「やめとけ」

ハイビームの向こうから ”お兄ちゃん”が来てくれた・・・

「ドラレコで全部取ってるぞ!」

その一言で・・・
GT-Rの男は 私の手を放して逃げていった

ライトに目が慣れてくると
エンジン音はステーションワゴンのボディから響いているのがわかった

260RS 1997 ステージア

そして・・・

お兄ちゃんだと思った残像は
兄の雰囲気をまとった 男性になった

「あっ ありがとうございます」
涙をこぼしながら ぺこりと頭を下げた私にの頭を 
彼は豪快に撫でた・・・ 兄のように・・・

BCNR33スカイラインGT-Rと同じ
RB26DETTを載せたステージア260RSの助手席が 
私の指定席になったとき

私の人生は 再び動き始めた








【中古】パンフレット(洋画) パンフ)GARDEN CINEMA EXPRESS VOL.123 Opal Dream ポビーとディンガン

価格:260円
(2019/2/25 08:49時点)
感想(0件)




【トミカ NO.82】 日産ステージア(ブリスターパック) サスペンション/左右ドア開閉

価格:4,318円
(2019/2/25 08:56時点)
感想(0件)








スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.