FC2ブログ

クワイエットプレイス ~ リーフ 2016 ~

 23,2018 22:11
僕のカノジョは 
普段から寡黙で静かな性格
それは 右耳が聴こえないからなのだろう

アボット家のように 
エイリアンが聞き耳をたてている世界じゃ ないのだから
もう少し 元気に会話したい そんな風に思う時もある



ただ そんな時は・・・ 

カノジョの笑顔は
イヴリン・アボット(エミリー・ブラント)に 負けないほど 
たくさんの想いが込められている
僕にとって 本当に大切なものは
食べ物でも 睡眠でもない
ましてや 火力や水力 原子力でもない・・・

カノジョの 微笑みさえあれば
たとえ 声を出せない世界になったとしても 
僕はハッピーでいられるのだから 
それ以上を求めるべきではない そう自分に言い聞かせた

ところが・・・
ここ数日のカノジョは 過電流気味・・・

一瞬の静けささえ 
恐れているかのように 僕に話しかけてくる

カノジョは職場で問題を抱えているに違いない
そう思った僕は 
カノジョの仕事が終わる時間に 愛車のリーフで迎えに行った

”どうしたの・・・”
驚くカノジョを 助手席に押し込むと 
僕は 峠に向かった

車内でも カノジョは 相変わらず 
脈略のない話を続けていたが 目の前に きれいな 
十五夜が浮かんだとき 急に無言になった

Neil Young - Harvest Moon


急な静寂は カーステレオが 
かかっていたことを思い出させた

「なにが あったの」

!!

突然・・・カノジョが言った
それは 僕が用意していたセリフだった・・・

カノジョの瞳に浮かぶのは おぼろ月

・・・

カノジョはやはり悩んでいた
でも 悩みの原因は・・・僕???

「10分に一度・・・ポケットに手を入れては ため息をしている・・・
 ポケットにあるのは 女性からの手紙でしょう・・・」
苦しそうに 彼女が言った

蒔絵のような満月が浮かぶ 
丘の上にリーフを停めた僕は
カーステレオをOFFにして 
窓を全開にした

ここちよい
秋の虫たちの大合唱が 車内に流れ込んでくる

「あの手紙の主は 高校の恩師だ
 体調が思わしくないので  事業を手伝ってほしいという誘いだった
 世話になった先生の頼みを断ることはできない・・・
 でも・・・ 君と別れたくない・・・
 僕と一緒に 北の街に行ってくれるかい」

決して大きな声ではなかった
しかし・・・
僕の声で 虫たちの合唱はやんでしまった

風がススキを揺らす音だけが 聴こえる

彼らにとって 僕はエイリアンなのだ・・・

月が1度西に傾きかけたころ・・・

ぽつりぽつりと 虫たちの声が聞こえ始め
やがて 第二楽章が始まった

すると 
カノジョは 右手を
首元から胸に向けて スッっと降ろした後
口元に小指を当てた

”はい もちろんです”

僕への回答は 手話だった
 
虫たちは 安心して第三楽章に入っていた

リーフ 2016

その間も電気自動車のリーフは
エンジンを回し続け 
街より8度も低い気温の中 
僕たちをヒーターで温めた

カノジョとの会話を楽しむために
乗り換えた無音のリーフは
秋の虫たちのオーケストラにも 最高のマナーを示していた





クワイエット・プレイス [Blu-ray リージョンA ※日本語無し](輸入版) - A Quiet Place -

新品価格
¥3,314から
(2018/9/23 23:46時点)




1/43 京商 Jcollection 日産 リーフ LEAF ミニカー シルバー

新品価格
¥9,383から
(2018/9/23 23:48時点)




スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.