FC2ブログ

ランペイジ ~ ジムニーシエラ 2016 ~

 26,2018 20:29
適齢期の友人が行う結婚式の二次会は
合コンの様相を呈する
独身者たちの 高ぶった想いが
危険な出会いになることを 過去8回の出席経験の中で私は学習した

一日限定の出会いを
蔑まれず 且つ 楽しめるように
3度目から
自分を高級住宅街に出店するペットショップの
トリマーという 偽りの肩書で武装することにしていた

そんな私の 第9回目となる二次会で
隣席に座った男性は これまでになく 消極的で無口だった
普通であれば 
こちらから 声をかけることはないのだが
生憎 私と彼以外は 会話のパートナーが成立していた
約2時間余りを 
黙って過ごすのも 辛いと思った私は
当たり障りのない話題をふった

ジムニーシエラ 2016

彼は 私と同じ年だった
しかし 職業は 医療関係者!!

本物のハイソ住民であることを知った私は
ぼろが出ることを恐れて 寡黙になった

結局・・・ にぎやかな二次会の席で
私と彼の空間だけが
お互いの吐き出した二酸化炭素が ぶつかり合う音が聞こえるような 別世界になった

抜け出したい・・・
そう思ったとき 携帯が鳴った

職場からだった

「ジョージの調子が悪いみたい・・・」

「また会いましょう」
紙飛行機のような 社交辞令を 彼に飛ばして
席を立った私に 彼は 静かにほほ笑んだ・・・

その瞳は 私を待つジョージのそれに似ていた 

二次会への参加には 車で行くことを薦める
お酒を勧められることもなく 
三次会の流れを自然に断つことができるから
それは 4回目の経験で得た知恵だった

「珍しいですね」

小型四駆自体が このホテルには場違いというのか・・・
それとも  四駆を駆るの 女性ドライバーを指しているのか
ホテルのポーターが ささやいているのが聞こえた

「ねぇ・・・ 君!!
 この車なら サラ・コナーのように 殺戮マシーンが襲ってきても
 アリス・アバーナシーみたいに 
 ゾンビの大群が押し寄せても 地球の果てまで逃げ切ることができるのよ」

心の中で そう呟きながら 
私は4輪を空回して ホテルの敷地を飛び出した

高速を飛ばして 2時間半

ようやく取れた有休も 途中で終わりを告げた
しかし 相棒の調子悪いと聞いては見過ごすわけにはいかない

横たわる ゴリラの”ジョージ”の目に浮かぶ涙を見たとき
やっぱり 戻ってきてよかった・・・ そう思った
軽度の熱中症という診断だった

すぐに体調不良を理由に 私に甘えるジョージ・・・
可愛くて仕方がないのだけど・・・
今日だけは どこかのSF映画にあったように
遺伝子操作された薬品でも浴びて もう少し元気になってもらいと思った



”小山動物園”のゴリラ担当飼育員になって8年
トリマーというのも 真っ赤な嘘ではない・・・
彼の顔が浮かぶ・・・

嘘をついたことについて
ほんの少しだけ 自分を取り繕うとしている自分に気が付いた
それは これまで 経験したことのない思いだった

しかし・・・
その想いも次の日には 忘れていた・・・

今年の暑さは 異常だ
日本生まれとはいえ 
亜熱帯気候で育つゴリラが熱中症になるのだから・・・
秋風が吹き始めた 今日も 気温は 体温をはるかに越えてた

熱中症以降・・・ 
ジョージは さらに子供に戻ったように私に甘える・・・
開園中も ほぼ付き添い状況で 私はジョージと一緒にゴリラ舎で過ごした

いつものように 食事タイムを迎えたとき

!!

いつにも増してジョージが 
ゴリラ舎を見学する 老人団体を見ながら 笑顔を振りまいているように思えた

「なにが そんなに楽しいの??」

私の声がけにジョージは 外を指さした

そこには こちらに向かって 手を振る彼がいた!!

ゴリラ舎の前で 私は 彼と再会した

車いすを押す彼は 老人ホームの職員だった
私同様 彼も ほんの少しだけ うそをついていた

もう二度と交錯することのない二人の出会いに・・・
私の頬に なぜか涙がこぼれた 



しかし 彼は もう一度私に出会える そう感じていたらしい

それは・・・ ジムニーシエラ

「あの日・・・ ホテルのポーターが 僕に言ったんだ・・・
 今日のパーティで 同じ年式 同じ色のジムニーシエラが2台停まっていることに気づいたと
 そして そのポーター君も 実は同じ年式 同じ色のジムニーシエラの所有者だったんです
 あの日 あの場所に3台の まったく同じジムニーシエラが停まっていた
 そんな偶然が あるなら 僕はもう一度君に会えると思った
 君が また逢いましょうって言ってくれたから・・・」

「珍しいですね・・・」
私は あの日のポーターの一言を思い出した・・・

「もう一度自己紹介から 始めませんか?」

彼の差し出した右手に 心が反応する前に 私の右手は彼の手を握っていた

檻の向こうで 豪快に拍手をする ジョージが見えた





ランペイジ 巨獣大乱闘 ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【Blu-ray】 [ ドウェイン・ジョンソン ]

価格:3,231円
(2018/8/26 20:14時点)
感想(0件)




プルバックカー ジムニーシエラ

価格:1,404円
(2018/8/26 20:22時点)
感想(0件)





スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.