FC2ブログ

ハウルの動く城 ~ C3100トラック 1954~

 12,2018 22:07
突然のリストラ

どんなことをしても幸せにすると誓ったが 
願いはかなわなかった
両親からの猛反対に
カノジョは 最後まで俯いていた

もともと家族のいない僕は 
都会に居る理由も 暖かい情熱をもつ理由もなくなった
Damaged|Primal Scream



扉を開けると ソフィーの前に突然現れた 名も知らない村・・・
360度 大自然につつまれた 
酸素の濃度が高い 過疎の村に 僕は住み着いた

都会人のカノジョとは 二度と交差することのない 
獣や虫 そして 八百万の神々たちの世界

急速な過疎化により
地元住民と呼べる人もほとんど残っていない 
この村は居心地よかった

結婚資金として 貯めていた資金を食いつぶしながら
只管 農作業に励んだ

C3100 1954

いたるところが錆びて 穴のあいたボディを
鉄板でつぎはぎした修復した フランケンシュタインのような
シボレー C3100 トラックに
きゅうりやトマトなどの夏野菜が いっぱいなるほど収穫できるようになるまで10年を費やした

そんなある日 僕の領域に 
都会のオーラを漂わせた 
洗車の行き届いたマジェスタに乗って 二人の男がやってきた

無農薬に拘った僕の野菜は
食べきれない分を 地元の老夫婦に分け与えていたが
どうやら その味のうわさが 都会のバイヤーの耳に入ったようだ

僕が MIKAN(未完)と名付けた
大ぶりのフルーツトマトは そのままの名で 都心のスーパーに並ぶことになった

ギリギリだった僕の 生活は安定した
しかし それは僕が求めた生活ではない
自然と神々の気まぐれに左右される生活・・・
日照りが続けば MIKANの生産は落ちるし
気候に恵まれれば たくさん実のる
ただそれだけ・・・ 
そこに 僕の想いや心はなく 責任もない
四季の移り変わりに必要な 歯車の一つ それでよかった

契約農家としての 小さな責任が
僕を 再び 逃避させようとしていた

そこに 一枚の手紙が届いた

”トマトが食べられなかった娘が
自分の名前と同じトマトに出会って 大好きになった”
という手紙だった

MIKAN・・・
それは 遠い昔・・・ 
カノジョと話し合って決めた 将来できるであろう二人の子供につけようとしていた名前だった

手紙に同封された写真
そこには MIKANを頬張る女の子の姿
その背景は・・・
見覚えのある カノジョの実家が映っていた

自分の生きている意味を ほんの少し見つけたとき
僕は 体が少しだけ重くなるのを感じた



ハウルにソフィーが言ったように・・・
僕にも 心の重みが加わったのだろう

Zedd - Beautiful Now ft. Jon Bellion



C3100は
彼のかけた曲を聴きながら思った・・・

青空に 浮かぶ雲が ボンネットの上を
ゆらゆらと流れている
この道の往復は 
これからもずっと続きそうだ・・・と




ハウルの動く城【Blu-ray】 [ 倍賞千恵子 ]

価格:5,680円
(2018/8/12 22:05時点)
感想(5件)




シボレー C3100(シボレー)【中古】

価格:2,999,000円
(2018/8/12 22:06時点)
感想(0件)





スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.