FC2ブログ

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 ~ H-van ~

 29,2017 19:13
シトロエンHバンの広大な車内は
僕のハートを 具現化したかのように
寒冷低気圧が充満していた

Hyuuuuuuuuuuuuuu

原因は 僕のため息だ

Hvan 1973

120秒に一度
僕の口から生産された 小さな風神が
行き場を失い 車内で急速に成長したのだ

Gataaaaaaaaaaaaan

車内寒冷低気圧が Hバンの中で暴れた結果
荷室に 置かれていた トランクケースが
勢い良く 
リアハッチにぶつかった



勢いで パタリと開いたバックからは
カノジョと一緒に集めた 
沢山の 人形たちが 踊るように飛び出した

「子供は最低4人ほしいわね!」
それは カノジョの口癖だった

子供たちに囲まれた生活を夢見て集めた 
おもちゃたちは
巨大なトランクケース2つに
ぎっしりと詰まっていた

僕とカノジョの 宝物・・・
しかし・・・
3年前・・・ 僕たちは2度めの流産を経験した

「あなたと一緒にいるのが辛い・・・」
カノジョが 呟いた

あのとき 僕は 
なんと言うべきだったのだろうか・・・

カノジョから 別れを告げられた時
僕は言った 
「君が望むことを 僕は受け入れる」
それが カノジョへの最大限の優しさだと思ったから

しかし・・・今でも思う・・・
本当に あの言葉でよかったのだろうか・・・と

カノジョが出ていった日から
僕の時間は止まった



何処かに 魔法使いはいないのか・・・
僕はノーマッジだ・・・
彼らを 目撃すれば
カノジョの 記憶も消してもらえるのに・・・

毎日 そんなことばかり 考えていた

車内に散乱した人形たちが
運転席の足元まで転がってきたため 僕は車を止めた

ブレーキの近くに転がり込んだ
カモノハシのぬいぐるみを取り上げ
何気なく 外を見ると・・・

「ここは・・・」

幼馴染のカノジョと始めてであった場所
二人が通った保育園だった

園庭で遊ぶ子どもたちを見ていると
ほっこりした思い出が 蘇ってきた
カノジョとは よく喧嘩した
そのたびに 保育園の先生に言われた

”はい!!けんかをやめて!!
 もう一度 初めから やり直しね!!”

僕の心に 暖かい灯火がついた

トランクケース一杯のおもちゃを
僕は 保育園に すべて託した
もう一度 初めから・・・ 
その一言が 僕の頭で反響していた

翌日・・・
僕は カノジョの実家に向かった

白いシャツにジーンズ姿のカノジョは
広い庭で洗濯物を干していた

2年前と
全く異なる雰囲気を感じるのは
カノジョのヘアスタイルが ショートボブに変わったからだろうか・・・

「やぁ」
久しぶりの再開にしては 味気ない挨拶だと 自分でも思った

しかし・・・
カノジョは 振り向かない・・・
只管 洗濯物を干している・・・

僕は Hバンのリアハッチを開けた

Won Won!!

4匹の ボーダーコリーの子犬が
弾丸のように 
カノジョに向かって走って行った
そのうちの一匹は 
僕の手紙を咥えている

カノジョは そっと子犬を撫でる
そして 僕の手紙を 開いた

「君に 嫌われたくなかった
 だから 思いやりという言葉に甘えて
 僕は いつも受け身だった
 その結果は 僕は君を失った・・・
 失ってしまったものは 二度と戻らない事は知っている・・・
 しかし・・・
 初めから・・・ 全く初めからスタートするなら
 僕は君を 失ったことにならない

 過去は すべて消してきた・・・
 
 僕と結婚してください」


カノジョが 振り向いた
瞳に ほんのり涙を浮かべながらも 
笑顔で僕に言う 

「初対面でプロポーズ?
 ネコも飼っても いいなら 考えてもいいわ」

僕は Hバンの助手席の扉を開けた
今度は 4匹の アメリカンカールが
転がり出てきた

「騒がしいけど・・・ これでいいかい?」

扉が全開された Hバンのフロントガラスには 
高気圧ガールが引き込んだ 
眩しい太陽が キラキラ輝いていた




『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』アートワークのすべて [ ダーモット・パワー ]

価格:5,940円
(2017/1/29 19:00時点)
感想(0件)




1947 CITROEN TYPE H VAN POMMERY MATCHBOX YTF6 043302210067 1/43 ミニカー 【シトロエン】【Hトラック】【Hバン】【マッチボックス】

価格:5,940円
(2017/1/29 19:01時点)
感想(0件)




スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.