FC2ブログ

グレイストーク・ターザンの伝説 ~ S800 ~

 31,2016 22:50
僕の家は 交差点の西側にある
北には時計台 東に公園 
そして 南にはStarshipというパン屋があった

このパン屋は
無口で仏頂面な兄が職人で 
よく笑う妹が接客係をしていた

街の朝は
田舎町に溶け込んだ
古民家風のパン屋から 
仄かに流れ出る 焼きたてのパンの香りと

”おっはようございまーす! おまたせーっ!!”

明るい元気な 看板娘の挨拶で始まった

交差点に差し掛かると 決まって 
ウィンドウを5cm下げて
パンの香りを楽しむ 
ブルーのS800を運転する ロングヘアーのカノジョも
このパン屋の大ファンだった
いや カノジョの場合は
パン職人が目当てと言ったほうがよいか・・・

Honda S800

夕方 パンが売り切れるまで
ひっきりなしに街の人が訪れるこの場所は
カレーパン購買率 No1を自負する僕も含めて
兎に角 大切な場所であると
街の誰もが思っていた

ところが・・・

交差点の東にある公園から
いつにもましてオナガが ギーギーと啼いた
どんよりとした空気が漂う梅雨空の朝

Starshipは突然 閉店した
ラジオから
tomorrow doesn't matter tonight - Starship
が流れた日だった



その一月後 
50km離れた 都会のデパ地下に Starshipという
行列のできるパン屋があると 報道された
彼の店だった・・・

街のあちこちで 金に魂を売ったパン屋と
陰口が叩かれたが
彼と同級生だった
S800のカノジョ・・・そして僕は 
彼が 妹の結婚資金を捻出するために
やむなく デパ地下に出店したという理由を知っていた
だから 僕たちは 
彼が東京に行くことを応援した
心の奥底の 全く逆の想いを封じ込めて・・・

それから1年・・・
都会の時間は 
同じ地球にあるとは思えない速さで廻るようだ

大行列だったデパ地下のStarshipは
看板娘(妹)の笑顔がはじめからなかったせいか
半年もしないうちに 閑古鳥になり 閉店に追い込まれた・・・



ラジオから
梅雨明け宣言のニュースが流れた朝
窓から 懐かしく 仄かに甘い パンの焼ける香りが
飛び込んできた

思わず飛び起きた僕は
向かいの古民家風の建物に向かった

!!

駐車場にはS800が停まっている

勢いよく 店の扉を開けると 
”おっはようございまーす! ”の挨拶・・・

出迎えた笑顔は・・・
彼の妹によく似た S800の カノジョだった

無口な男は 
相変わらず話下手のだったが 
笑顔が似合う男に変わっていた

僕はジョン・クレイトン(Christopher Lambert)を
見つめる フィリップ・ダルノー(Ian Holm)のように言った

「おかえり・・・」

ラジオからは We Built This City - Starshipが流れていた





グレイストーク -類人猿の王者- ターザンの伝説[DVD] / 洋画

価格:2,864円
(2016/7/31 22:48時点)
感想(0件)




【絶版】特注トミカ ホンダ S800 レーシング No.54

価格:2,700円
(2016/7/31 22:49時点)
感想(0件)





スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.