FC2ブログ

ある愛の詩 ~ スープラ ~

 06,2015 23:40
二つ隣のボックス席は
ウッド調の暖かいカフェの空間を
ツンドラブルーに変えていた

 「あなたが信じられない・・・」

首筋に冷気を感じた僕は
思わず振り返った

髪の色に合わせた
キャメルのストールを巻いた女性の一言・・・
瞳には 東京タワーのライティングがキラりと
映りこんでいる
僕に 背を向けて座る男が 頭を掻き毟った・・・

Supra 2

僕が子供のころから 
この喫茶店は ここにあった
時の流れに取り残されたような
佇まいは 30年前も同じ
何も変わらず 国道の 窪んた場所に
ひっそり建っていた

そんな店が 今日は輝いて見えた

あと500mも進めば 
カノジョの待つ暖かい家がある
しかし その日の僕は 
スープラを店の前に停めて
アールデコ調の色ガラスが はめ込まれた扉を開けた

黒光りする柱と床 
真っ赤なベロア生地の椅子
そして オレンジ色のランプ 
どれもが 僕の想像する 喫茶店そのものだった

倍速で動く社会に 
やっとこ しがみついている僕には
のんびりと流れる空気が 心地がよかった
その日から 僕は 
たびたび この喫茶店に立ち寄った

それは・・・

今日のように エルニーニョによる暖冬を 
吹き飛ばすほど 
強い北風が吹いた日だった
アールデコの扉を開けると 幼馴染のKanaがいた

 「この街も どんどん変わっていくな・・・」
 「そうね・・・私たちの通った小学校も
  去年 廃校になったわ・・・」

戻ることのできない
記憶の中の世界を 共有する
他愛のない会話だった

しかし・・・

家に帰ると
いつもより陽気な カノジョが待っていた
 「遅かったね!」
 「あぁ 年末でいろいろ仕事が忙しくて・・・」

鏡越しに映る カノジョ・・・
それは オリバー(Ryan O'Neal)との別れを悟った 
ジェニファー(Ali MacGraw)と同じ顔をしていた



その日を境に 
僕たちの会話は 必要最小限になり 
やがて サイレントになった

そして クリスマスソングが鳴り始めたころ
カノジョは家を出ていった

 「カノジョと お幸せに・・・」
喫茶店のマスターに託された
一枚の手紙を残して 

僕が感じた 喫茶店の仄かな輝きは
なんのことはない
向かいのビルが解体されたことで
できた 束の間の自然光によるものだった

新しいビルが高くなり
やがて 喫茶店は 以前の姿に戻った

席を立った僕は
涙を溜めたツンドラのお姫様と
向かいの哀れな王子様に言った

 「愛とは 決して後悔しないこと
  もう一度 お互いを信じてごらん」

喫茶店の前に停めた
スープラに乗り込こもうとした男は 
気が付いた・・・

向かいのビルの外壁に映った
東京タワーのライトアップが
以前にも増して 喫茶店を 
キラキラと輝かせていることを

 「さぁ 行こうか」
凍えるスープラに声をかけた時・・・

Kon Kon・・・

!!

氷のお姫様が 助手席をノックした

 「あの・・・ MerryChristmas!!」

クロックムッシュと ブルマンブラックの香りが
スープラを3度暖めた・・・

それは カノジョがよく作ってくれた メニューだった

街を去る男を タワーの灯りが
優しく灯していた








ある愛の詩【Blu-ray】 [ ライアン・オニール ]

価格:2,160円
(2015/12/6 23:34時点)
感想(1件)




1/24 JadaTOYS☆ワイルドスピード ダッジ・チャージャー黒&トヨタ・スープラ オレンジ 特別限定品!【予約商品】

価格:6,900円
(2015/12/6 23:39時点)
感想(0件)




スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.