FC2ブログ

永遠のゼロ ~ 911カレラガブリオレ2012 ~

 05,2015 23:49
僕の隣りには
南の島行きの 飛行機に取り残された二人がいた
 
「仕方ないよ
 あんな渋滞に巻き込まれては・・・」
ターコイズのジャケットを着ている男が言った
青い空と白い雲をアレンジした
インディアンストールスカーフを巻いた
女性の頬には涙がこぼれていた

 「やっと 一緒に南の島に行けると思ったのに・・・」

女性の呟きが 霧雨のように
ジワリと僕の心に浸み込んできた

それは10年前の カノジョの一言と同じだった

 「やっと 一緒に南の島に行けると思ったのに・・・」

大学を卒業して
お互いの道を歩み始めた僕らが
再開したのは 南の島の 真っ白なビーチだった

その日から 僕たちの時間は
再び 同じ時計の針の中で動き始めた

 「いつの日か あの入道雲のように真っ白な教会で
  結婚式を挙げよう」

それが僕たちの合言葉になった

しかし・・・
その日は永遠にやってこなかった
永遠に・・・ゼロ・・・
空に散った 若者たちが 
愛する人たちのもとに還ることのなかったように



カノジョが突然病院に運ばれたのは
南の島に旅立つ 2週間前のことだった

 「やっと 一緒に南の島に行けると思ったのに・・・」

 「仕方ないよ・・・
  元気になるまで 楽しみは とっておこう」
元気付けようとした言葉は
空中を ただフワリと漂うだけで
カノジョの耳には届かなかった

 「青い空・・・白い雲の世界に行きたい・・・」

カノジョがポツリとつぶやいた・・・
そしてカノジョは
僕をおいて 一人・・・その世界に旅立った

次の年から 梅雨明けに合わせて
僕は 南の島に旅をすることにした
搭乗券はいつも二人分だ・・・
それも 今年で10年目・・・

僕は カップルに声をかけた

911 カレラガブリオレ2012

911ガブリオレの幌を開けて
僕は
南の島に向けて 
飛び立つシルバーの機体を眺めていた

助手席のヘッドレストには
涙で少し濡れた
青い空と白い雲をアレンジした
インディアンストールスカーフが巻き付いている

あれから10年・・・
ようやく 君は 僕の所に戻ってきてくれた・・・

スカーフからは
カノジョの大好きだった マンダリンの香りがした





PMA 1/43 ポルシェ 911 カレラ カブリオレ 2012 シルバー

新品価格
¥5,702から
(2015/7/5 22:00時点)




マッチボックス コレクションフィギュアゼロ戦 三菱A6M5

価格:2,380円
(2015/7/5 23:22時点)
感想(0件)






スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.