FC2ブログ

ボサノバの天使 ~ Alfa-Romeo156 ~ 男と女 ~

 26,2012 18:19
アルスターコートの男はCafe la Tourの西側席から六本木ヒルズを眺めていた

ALBERTA FERRETTIの桃色のストールがお気に入りだったカノジョと一緒に
金曜の週末 アルファ156でケヤキ坂を下るのが僕らのデートコースだった

Alfa-Romeo156

週末の六本木名物でもある大渋滞は 
真正面にそびえ立つ東京タワーを 長い間眺めていられる最高のsituationとなる
結婚して2年たっても このイベントは続いた
僕らに子供ができても 共に白いものが目立つようになっても 
続いていく物だと感じていた
 「いつか 東京タワーのClub333で ボサノバを聞きたいナ」
という彼女の口癖に対して
 「それじゃー君の誕生日は タワーで」
というのが僕の決まったセリフだった
しかし カノジョの誕生日とClub333の演奏日が重なる前にカノジョは逝ってしまった
 
ショートダッフルコートの女は Cafe la Tourの東側席で 
お台場の観覧車を見つめていた

1年前 この観覧車は取り壊されるという うわさが流た
 「透明のかごに乗って お互いの頬をくっつけながら 東京タワーを見る
  そして 頂上に到着したとき ゆっくり顔を廻してキスをすると
  永遠に幸せなカップルでいられるんだ」
彼から聞いた都市伝説・・・
観覧車が取り壊される前に 行こうと約束した
しかし 観覧車の取り壊しは延期になった
早く行こうが 近いうちに行こうになり 時間があれば行ってみように変化した・・・ 
そして 彼と私の歯車が先に壊れてしまった 

~♪Agua de beber~♪

20:15
Thursday`s concertが始まる
男は Beerを飲み干すと席を立った
女は ほとんど口をつけなかったCafeを片づけると 客席に向かった

この冬一番の寒むさにもかかわらず 客席はほぼ満員だった
男は 一つだけ空いている席を見つけた
 「空いてますか?」
 「どうぞ」
瞳の潤んだカノジョは 桃色のストールを巻いていた
 「リカ・・・」
男の口からこぼれた妻の名前は ギターの音で消された

女は 隣に座った男が 
別れた彼と同じウィングチップのリーガルを履いていることに気付いた
『男と女』(1966)が流れたとき 女の目から大粒の涙がこぼれ始めた



男が そっとハンカチを渡し 少しだけ肩を女のほうに向けると
女は男の肩に頭をのせて泣いた

Singerは カノジョの泣き声が聞こえなくなるように 少しだけvolumeを上げた
男と女の後ろに座るカップルの足元には
どこからきたのか 純白の羽が1枚 ひらひらと 落ちてきた 
6等星ほどの小さな恋が生まれた






スポンサーサイト



Latest Posts -


男と女 特別版 [DVD]




アルファ・ロメオ 156 GTA ブラック (1/43 M47099)



01 2020/02 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29