FC2ブログ

遥かなる山の呼び声 ~ S13シルビア ~

 14,2014 20:21
真っ白なBUCO J-100(リアルマッコイズ)を着た青年は
子供のころから注文し続けてきた 街一番のホットココアを見つめている
いつものように 一番奥のカウンター席に座った青年は
今日 この街を出ていく・・・

カップから立ち上る湯気の中に 
20年間の思い出がショートムービーとなって カプカプと浮かんだ・・・

青年の家は アルプスの麓にある小さな宿場街の旧家だった
しかし 先の大地震で 青年の家から発生した火災が
街に甚大な被害を及ぼした
住民たちは寛容を装ったが 彼らの居場所は失われた

S13 シルビア

青年の一家は とうに街を後にしていた
それでも 彼だけはこの街に残っていた
それは カノジョと アルプスと このホットココアがあったから

今も客席の いたるところから
突き刺さるような視線が 彼に放たれている
子供のころの青年を知る カウンター向こうのマスターも 
この街で生きていくため 彼らと同調しなければならない
同情するような瞳を向けながらも 決して青年のそばに近づくことはなかった

街の人々の記憶が風化していくことを信じて
待ち続けた青年だったが 
青年と一緒にいたカノジョが 
彼と同じような視線を浴び始めていることに気付き 街を去る決心をした

カノジョには内緒で・・・

湯気の中のショートムービーが終わり 
冷め切ったホットココアを一気に飲み干したとき

Kalan Coron・・・
扉に付けられたカウベルが鳴った

!!

真っ赤なニット帽をかぶったカノジョとカノジョの弟だった

二人は 青年の後ろの席に座ると ホットココアを注文した
そして おもむろに会話を始めた
 「姉ちゃん 一人で大丈夫?」
 「うん・・・」
 「でも 隣街だろう 何もわからないところで一人暮らしなんて・・・」
 「ううん大丈夫よ・・・この店のマスターが  
  ホットココアのおいしい喫茶店の上にあるマンションを紹介してくれたの
  それに あなたも たまに遊びに来てくれるんでしょう・・・」
 「もちろんさ・・・」

静かな店の中 カノジョと弟の会話だけが響いた
青年の瞳に 涙が溜まった・・・

Kalan Coron・・・
再び 扉が開くと どやどやと 街の若者たちが入ってきた
 「駐車場の めちゃくちゃ古い車 まだは走るのかねぇ」
 「ホント! 昭和って感じ ダサいねぇ!
  時代は クロスオーバーSUVでしょ!」

S13のことを言っているようだった
それは 青年が父親から譲り受けた 真っ白なシルビア・・・

Gatan!!

青年が席を立とうとした その刹那・・・
 「S14SR20DETへの換装 HPI 前置インタークーラーにクスコ 車高調
  柿本 オールステンマフラー
  完全武装のシルビアは あなた達の見た目キラキラ車とはわけが違うわ!!」
勢いよく席を立って 叫んだのは カノジョだった



唖然とする 若者たち・・・
シンとする店の中 青年はゆっくり席を立った
カノジョの前を通るとき 
 「いつかきっと・・・」
黄色いハンカチを手渡しながら 青年は囁いた

Gyuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuu

青年が出て行くと 
店の前の駐車場でS13のタイヤが ものすごい勢いで後輪を滑らせていた
モクモクと立ち上る煙・・・

Gyuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuu

再びスピンした後 S13は 遠くアルプスに向かって伸びる道へ消えた・・・

カノジョは 店の窓から駐車場を見た
そこには タイヤ痕で作られた 見事なハートマークが 残されていた・・・

店には The call of the far away hillsが流れていた 







◎【ポスター】遥かなる山の呼び声B高倉健【約B2サイズ】

価格:2,700円
(2014/12/14 13:37時点)
感想(0件)




アオシマ 1/24 ジゴロ次五郎 沢田拳児 S13シルビア【40560】

価格:3,402円
(2014/12/14 13:38時点)
感想(1件)






スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.