FC2ブログ

惑星ソラリス ~ ビークロス ~

 25,2014 23:58
いすゞ製のビークロスは 
今ではトレンドとなった クロスオーバーSUVのジャンルを 
あまりにも早く取り入れて 孤立した車

ビークロス

ディーゼルエンジンを得意とする いすゞ製には珍しい
3,200ccのガソリンエンジンを搭載したことで 反響は大きかったけど
奇抜すぎるデザインからか 日本では敬遠された
しかし 販売されなかったロシアでカーオブザイヤーを受賞するという
不思議な車だった・・・

そんな車を愛車にしていた彼も いつも孤立していた
しかし それは彼が望んでいたこと
いつも ”人とは違う”を信念に生きていた

その思いは 植物学の研究者としての
彼を若くして 大学の准教授に押し上げる原動力になった
そんな彼のライフワークは 青いタンポポ

 「青いタンポポの綿毛は 
  空より 海より そしてシヴァの神の肌よりも
  輝かしく光る青・・・ 
  それが 空一面を覆った」

それは 冒険家だった 彼のお父さんの日記に綴られた一文・・・
彼は その一文を確かめるために 人生を捧げていた

そして・・・
ビークロスと私を残して 彼は消えてしまった・・・

他の学者は  
竜宮城の玉手箱探しに夢中になりすぎたと 揶揄した

彼のように 孤立できない私は ずっと 彼を探している・・・
ビークロスを駆って 東に 西に・・・

そして・・・今・・・
私の眼の前に 青いタンポポ畑が広がっている
彼が 探し続けた 青いタンポポは 
私の家から 100kmも離れていない 丘の上に存在していた

何度も見間違えた ヤグルマギクではない・・・
本物の青いタンポポ

彼は この風景を見ることができたのだろうか・・・
私は 涙をこらえて タンポポの絨毯に寝ころんだ



とその時・・・ 一陣の風・・・

!!

一瞬 重力が消えたかのように 
青いタンポポの青い綿毛が ふわっ・・・と宙に浮いた
シヴァ神の肌に 鳥肌が立ったように 

そして次の瞬間 風に押された青い絨毯は 
遠く西の空に向かって スライドを始めた

あぁ・・・ これここそ 彼が見たかった風景・・・
私は 青い絨毯を追うように 視線を西に向ける
と そのとき・・・ 
西の丘に駐車してきた ビークロスの横に 彼がいた

秋の夜の映画鑑賞・・・
カノジョが観ていたのは 惑星ソラリス・・・
未知なる星の海がぼんやりと映るモニターの前で 
私は いつの間にか眠っていたらしい

 「君と結婚するこはできないよ
  知れば知るほど
  君は 結婚相手として最高の女性だ
  それは 地球上の男たちみんなが思うこと・・・
  多数の意見に倣うことはできない・・・だから・・・」

自分に課した苦行で 
プロポーズを言えなかった彼を思い出す

ふっ 笑いがこみあげる
とその時 私は感じた 

廻りの人たちは 彼が死んだという・・・
そう・・・ これだけ多くの人が そう言うのだから・・・
だから・・・
だからこそ 彼は 帰ってくる
人とは違うことを してくれる彼 
きっと もうすぐ ・・・

モニターの中のソラリスの海が キラリと輝いたとき・・・
玄関のチャイムが鳴った


※ 体調不良のため 更新が不定期になってしまって・・・スイマセン・・・





鏡★DVD!惑星ソラリス★の孤高の天才映像詩人アンドレイ・タルコフスキー★が1974年に手掛けた、キャリア史上最もパーソナリティーを色濃く投影した映画史に残る、永遠不滅の定番サイケデリックFILM!日本語字幕付き★PAL盤★ロシア盤★

価格:2,000円
(2014/10/25 23:45時点)
感想(0件)




【取寄商品】【エブロ】【1/43】イスズ VehiCROSS 1997 レッド【ミニカー】【モデルカー】

価格:6,082円
(2014/10/25 23:46時点)
感想(0件)




スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.