FC2ブログ

風立ちぬ ~ プリウスPHV ~

 09,2014 15:15
日曜日のレイクタウンは大混雑・・・
君は 1mが 手を広げた位の幅になった理由をしっているかい
北極から赤道までの長さを1万kmとして
地球一周は4倍の 4万kmと決めた後 1/40000にしたのが この幅になったんだ

だから地球の一周は誤差なく 4万km
最近は宇宙開発のおかげで 正確な1mの定義ができてしまったがね・・・

PPHV

ちなみに 恋人同志の距離は40cm以内だそうだ

でも君は・・・
この人混みの中を すいすい泳いで行ってしまう
ダカールラリーでも 上位入賞は間違いない君が
僕の40cm圏内にいたことがあるだろうか・・・

1秒の定義は
元々 一日を24時間で分割したhour それを60に細分化して
minutes(細分化)が生まれる
そして 二度目の細分化をしたのが 秒=secondだ

古代人も カノジョのウィンドウショッピングに
付き添わされた男のために 
時間が動いていることを 再認識できる単位が必要だったのだろう
しかし 秒の定義も 今では セシウム原子時計で定義されている

曖昧の許されない時代なのだ

兎に角 君は そんな時間の原理にとらわれず
一日 この巨大モールを歩き続ける

僕が もう帰ろうか と言おうものなら

 「あなたは 私より よっぽど 体力がないのね」
と微笑まれる

そうさ 僕は MoriからKazeへ
そしてもう一度Moriに返りながら 
途中のアウトレットに寄り道できるほど 体力はない
同じようなショップを通るうちに 鏡の世界に迷い込んだ気になる

そんな僕を見て 最後は可哀想に思うのか
太陽がオレンジ色になるころ
 「今日はこの辺で・・・」
と カノジョが助け舟を出す
それが 僕とカノジョのモールデートだった

広大な駐車場には プリウスが待っていた
 「プリウスよ! じゃあ 行こうか」
ほとんど始動音がない コイツのスタートは 優しい
僕は 窓を開けて 街の囁きを聴きながら 
風の吹いてくる西へ向かった



やがて
一面芝に覆われたの丘陵地が現れる
僕は プリウスを停めると 丘の上に駆け上り ごろりと寝ころんだ
空には ぷかぷかと流れる浮雲

芝のこすれる音 遠くに聴こえる虫の声 
そしてカノジョが40cm以内にいる感触・・・
20dbの競演

音の単位には ほんの少しだけ 人のあいまいさが残っている
0db は 人に聴こえない状態
10dbは 静かな息
そして20db は木々の触れ合う音・・・

曖昧な感覚が 良い・・・
全てが科学的に数値化されてしまうと 
カノジョの居場所がなくなってしまう・・・

堀越二郎さん・・・
君は 菜穂子さんと とても凝縮した時間を過ごしましたね
その時・・・ 君は どれほど悲しかったことでしょう

でも30年連れ添った 逢い方がいない・・・
それも 寂しいことですよ・・・

僕は ショッピングセンターのパンフレットを取り出して
紙飛行機をつくった

そして 西風に合わせて 思い切り 空に投げる・・・
上昇気流にうまく乗った カラフルな飛行機は
太陽の光を浴びて 真っ白になり空の中に消えた

 「やっぱり 君は いるんだね・・・」
40cmの中に フワリとぬくもりを感じたとき
僕は もう少し 生きなければと思った







風立ちぬ [Blu-ray]

新品価格
¥5,083から
(2014/7/9 15:13時点)




PRIUS&PRIUSα CUSTOM BOOK VOL.2 (ぶんか社ムック)

新品価格
¥1,500から
(2014/7/9 15:15時点)





スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.