FC2ブログ

ゼログラビティ ~ V40 T5 R-Design ~

 01,2014 23:16
会社を出て15分
いつものように西湘バイパスに入ると
スカンジナビアスポーツのV40は軽快にスピードを上げる

身体が熱い・・・

10年前 WRCにはまり
週末レーサーだったころに感じていた 熱さと似ていた
 「最近 スポーツ走行していないから 欲求不満かな・・・」
そう思うと フワリと浮かんだデビル心が
アクセルを踏み込ませる

V40 T5

正式名称 V40T-5Rdesignの
直列5気筒2リッターターボエンジンが一気にRedゾーンへ振れる
と その時・・・
反対車線で パトカーのランプが点滅する
・・・危ない 危ない
悪魔のささやきをかき消した僕は 我に返り
いつもの安全運転で家路についた

 「おかえりなさーい」
カノジョの出迎えの声に 今週の疲れも一瞬で癒される
 「ご苦労様でした 食事にしますか?」
部屋の奥から カノジョの優しい声が続く

 「とりあえず 風呂に入るよ・・・」
そう言おうとした僕だったが 声が出ない
我が家がアクシデントに遭遇したソユーズの内部のように
ぐるぐるとまわる
無重力空間に突然 転送された僕は
よろめきながら 寝室のベッドに転げ込んだ
まるでマット・コワルスキー(George Clooney)だな・・・
そんなことを思っていると 背後からカノジョの声が聞こえてきた



 「熱があるわ そのまま休んで・・・
  貴方は いつも2月になると インフルエンザにかかるんだから・・・
  Fufufu・・・子供みたい
  私がいるから ゆっくり休んで」

僕のお気に入りのCDが流れた



 「ごめん・・・
  君にうつるといけないから 近くに来ないで・・・」
弱弱しく 言う僕に
 「あなたのインフルエンザなら うつっても構わないわ
  大切なあなたが困っているのに 近くにいるななんて言わないで・・・」
カノジョの 泣きそうな声が聞こえた

 「ごめん・・・」
 「なんでも あやまるのは 貴方の悪い癖よ! 気にしないで!」
カノジョの言葉に
 「ごめっ・・・」
Hahahaha・・・ Fufufufufu・・・
可笑しくて 涙が止まらない・・・

アロマセラピストのカノジョは 
仕事がうまう行かない時や 二日酔いで大変な僕を
今日のように
暖かい想いと アロマで癒してくれた

 「君は 僕のナイチンゲールだ!」
あるとき カノジョへの最大級の褒め言葉のつもりでいった一言に
 「私は 単なる看護婦じゃないわ!」
と怒られたことが一度だけあった

喧嘩でもいいから もう一度逢いたいよ・・・

僕は ベッドの中で 涙した

1年前
遠い世界に旅立ったカノジョが残した
部屋のあちこちに置かれた 
ユーカリにラベンダー そしてティーツリーが
優しく僕を包んでくれた





Gravity [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥4,333から
(2014/2/2 05:33時点)




VOLVO V40のすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報/インポート 26)

新品価格
¥680から
(2014/2/2 05:41時点)




 
スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.