FC2ブログ

哀愁 ~ Lincoln Navigator ~

 12,2014 01:55
僕の住んでいる「あさひ荘」の東側には 
大きな駐車場がある
そのおかげで この時期は特に朝日が部屋の奥まで入ってくる 
アポロンの恩恵を受けるこのアパートは
暖房費が節約できる 最高の立地だった

しかし 1階の僕の部屋だけは
半年前から
真っ黒なリンカーンナビゲーターが鎮座し
その恩恵を受けられなくなった

Lincoln Navigator

唯一 毎週木曜日には きまって巨岩のようなナビゲーターは姿を消す
その結果 木曜日が僕の洗濯日和になった
太陽の光と共に 普段ナビゲーターのボンネットで昼寝する
真っ黒なノラネコも
木曜日は 僕の部屋のベランダで寝ころんでいた 

狭い日本で こんな車に乗るのは大型トラックを操る
キュクロプスのような オヤジさんだろうと思っていた
しかし マロンショコラ色のセミロングに
キラキラ輝く 長い爪の女性が 運転席から降りてきたとき
ガラス扉の存在を知らない 子猫が
思いっきり扉にぶつかったような衝撃を受けた

リンカーンの所有者としてのギャップというファーストインパクト!
そして カノジョの クリっとした瞳にセカンドインパクト!
僕の頭の中は カノジョのことでいっぱいになった

カノジョは このアパートの2階に住んでいた
真っ赤なドレスに真っ黒な毛皮のコート纏う
夜の世界で働く女性だった 
早朝に帰宅し 昼過ぎに出勤する
僕とは全く逆の生活
そんなカノジョの木曜日(休日)は
ナビゲーターでドライブすることらしい

マイラ(Vivien Leigh)のようなカノジョに
ロイ・クローニン大尉(Robert Taylor)のように
一目ぼれした僕は カノジョに逢いたい一心で
早朝ジョギングを始めた
雨の日も 木枯らしが吹く日も 走り続けた
仕事から帰ってくる カノジョを見て そっと会釈し合う
それだけの関係だったが 僕は満足していた

しかし 世界は 斯様にも安定を好まないものなのか
僕の小さな幸せは 
近隣のおばさま方の 井戸端会議の餌食になった
 「娼婦のような女が このアパートにいるのは問題よねぇ」
彼女たちの声は カノジョの部屋の中に聞こえているだろう・・・

人を職業で差別するのはよくない!そう思った僕は
彼女たちに言った
 「陰口を言うのはやめたほうがいいですよ」
その次の日 彼女たちの話のネタは 娼婦と不良学生になった・・・



そんなある朝
いつものようにカノジョとすれ違うと 
カノジョがポツリと言った
 「ありがとう・・・いい男になるんだよ!」

カノジョから 突然話しかけられた僕は 
最高の気分だった
この次は 僕から カノジョに告白しようそう思った

しかし 次の日・・・
その日は金曜日だというのに僕の部屋には 太陽が照っていた
ナビゲーターは 二度と僕の部屋の前に戻ってくることはなかった

Nyaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

ボンネットを寝床にしていたネコが
ベランダの戸を叩いた

戸を開けてやると
朝日で温まった 僕のベッドに ひょこりと乗る
そして すやすやと眠りについた

 「お帰り・・・」 
カノジョが 帰ってきた そんな気がした




哀愁 (名作映画完全セリフ集―スクリーンプレイ・シリーズ)

新品価格
¥1,575から
(2014/1/12 02:14時点)




Garage Worx 2003 Lincoln Navigator - ブラック - ダイキャスト 131116fnp [並行輸入品]

新品価格
¥6,420から
(2014/1/12 02:16時点)



スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.