FC2ブログ

白い恐怖 ~エスクード ~

 22,2013 00:00
今夜から 北の街では雪が降るらしい

遠距離恋愛中のカノジョと 久しぶりの再会だったが
雪じゃ仕方がない
これは神のお告げだ
そう自分に 言い聞かせた僕は 車のキーを机に戻した
 
すると 愛車のエスクード(ミニカー)が呟く
・・・僕が一番 能力を発揮できる環境なのに・・・
--確かにそうなのだが・・・

僕とホワイトは 相性が悪い
3年前のクリスマス
あの日も 真っ白なクリスマスだった
ポインセチアの真っ赤な衣装も ウェディングドレスを纏ったように
真っ白に変わっていた その日 僕の恋は終わった

ホワイトと険悪になったのは いつからだろう・・・

白い車を相棒にしたときか・・?
駐車中に 向かいの車が飛び込んできて廃車になったのは5年前

いや
卒業旅行で 真っ白な砂浜で有名な宮古島に行ったときも
台風のおかげで 荒れ狂う海をただひたすらホテルから眺めるしかなかった
あれは12年前だ

待てよ・・・
そう言えば 運動会で白組になったとき 
一等を取る自信がある組み合わせで 徒競走に挑み
最終コーナーで見事に転倒して 最下位になった
あれは20年前だ

結論! 
カノジョとの関係を大切にするために
白を避け 今回は プレゼントを郵送することにしよう!

そう決心したとき カノジョから電話が入った
Blue Christmas~♪


 「熱がひどくて・・・
  逢えそうにないの・・・ ホントにホントに ごめんね
  せっかく楽しみにしていたのに」

カノジョは・・・泣いていた

電話を切った僕は 
エスクードの鍵を ガツンと取ると
北北西へ150km ホワイト一色の世界に向かった

~トンネルを抜けると そこは雪国だった~
どこかで聞いたようなフレーズに浸る間もなく
関越トンネルを抜けると エスクードは 白銀の世界に放り込まれた

その瞬間! 僕の左脳はホワイトアウト!
脳細胞はホワイト軍団に侵略され 思考は停止寸前・・・・
長年 ホワイトを避けてきた結果 いつしか僕は
ジョン・バランタイン(Gregory Peck)のように
白を恐怖に感じるようになっていた・・・



しかし 
コンスタンス・ピイタアゼン博士(Ingrid Bergman)に似た
カノジョの笑顔が 脳裏をよぎると
わずかに分泌された ドーパミンが 僕を現実に引き戻した
前を走る クラウンとの車間距離は 僅か1mだった

白のトラップを何とか かわしながら
カノジョの家に到着し 安堵する僕を
最後の 試練が待ち受けていた

屋根の雪が 突然滑り落ち エスクードを呑み込んだのだ 
真っ白な空間に閉じ込められたとき
グワリと世界が傾いた

凍り付くように寒い・・・
このまま 僕は一人ぼっちで冷たくなるのだろうか・・・
そう思ったとき
エスクードの車内に粉雪が舞った
そして カノジョが現れた

Escudo

 「大丈夫?」「大丈夫?」
二人のセリフが重なった

瀕死の僕が言うセリフではなかったが
カノジョは ニコリと笑顔で返した
 「ありがとう・・・
  私 やっぱり あなたがいないとダメみたい・・・」
そう言うと カノジョは 僕に抱き付きながらキスをした

凍えた体に 沸騰した血液が全身に流れるような気がした
真っ白なニットのセーターを着たカノジョは
天使そのものだった

その日から 僕は 少しだけ白が好きになった





白い恐怖 [DVD]

新品価格
¥421から
(2013/12/23 03:04時点)




Hi Story 1/43 SUZUKI ESCUDO NOMADE (1990) チャコールグレーM

新品価格
¥6,121から
(2013/12/23 03:06時点)



スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.