FC2ブログ

ピンクの想い ~ 1959 Cadillac Series 62 ~ ピンクキャデラック ~

 14,2013 23:59
都心から西に1時間電車に揺られたあと バスで30分
関東屈指の霊峰が見下ろす田園風景は
キュリオシティから送られてくる 火星の姿に酷似している

夏の萌える緑が 想像できるだけに
いっそう切なさが膨張する このモノトーンの世界は
まさしく僕の心の色 そのものだった

1959 Cadillac Series 62

V字回復で湧く日本経済の中で
相変わらず低迷をたどる僕の会社

「夢を持って 積極的に行動できないものは 会社に必要ない」
ショートヘアに 口紅一つ塗らない 
36歳独身の僕の上司は
相手が重役であっても お構いなしに 凛と言い切る人事部長

ビスクドールのように 無表情なカノジョは 
ペイズリーのネクタイがトレードマーク 
その姿は まさにオスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ
入社4年目の僕は 密かに憧れていた

しかし 社員の多くは
カノジョに肩を叩かれたとき 
それが 会社での死の宣告を意味したため
カノジョを ムッシュ・ド・パリ と揶揄した

そんな カノジョが 辞表を出した
 「人員整理の仕事は 最後に自分自身を整理しなければならない」
最後まで 無表情のまま カノジョは会社を去った

翌日の社内には カノジョの話で持ち切りだった
その ほとんどは「平和が戻った」とか「死刑執行人さようなら!」といった 
カノジョの悪口だった

僕は・・・スッと立ち上がる
そして机を・・・
Dokaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaan 
と叩くと・・・
「いない人の悪口が そんなに面白いか!」と叫びたかった・・・が
結局 何もできなかった・・・

火星の大地を 30分くらい 歩いただろうか

!!
突然 僕の視線に ピンクの煌めきが見えた
そう言えば 以前同僚から 
カノジョがピンクのキャデラックを所有していると聞いたことがあった

僕は 思わず走り出した

モノトーンの世界にポツリと建つホワイト煉瓦の洋館の前庭は
ルクリアとキャデラックによって 華やかなピンク色に染まっている
ここが 地球であることを再確認して ホッとした僕は
キャデラックの助手席に カノジョを見つけた

 「君だったのね・・・」
お決まりのペイズリータイは フレアのロングスカートに変身していた

運転席に 招待された僕はカノジョに シクラメンを渡した 
そして 会社のくだらない話はせずに ただ一言  
「君が好きだ」と言いたかったが・・・ やっぱり 言えなかった・・・

カノジョが ぽつりと言った
 「私がいなくなって 会社のみんなは きっと喜んでるんでしょうね」

 「そんなこと・・・」
冬のオープンカーなのに・・・ 額に汗が滲んだ
 「正直な子ね いいのよ 一人ぼっちは 慣れてるから」
ビスクドールのカノジョが言った

 「そんなこと ない・・・ 一人ぼっちに慣れるなんてできない」
小さな声で僕は言った・・・
僕は両親を知らない・・・ 家族のぬくもりを知らない僕は いつも一人ぼっちだった
だから わかるんだ・・・

そのとき ピンクのキャデラックを包む 空気が変わった
カノジョは キャデラックのダッシュボードを撫でながら言った



 「この車 父から譲り受けたの 幸せを呼ぶピンクのキャデラック
  トム・ノワック(Clint Eastwood)と
  ルー・アン・マクグィン(Bernadette Peters)のように
  いつの日か 私を幸せにしてくれる人が 運転席に座るだろうって・・・
  そんな父の言葉を 思い出したとき 君が現れたのよ」

僕は 小さな声で言った
 「結婚しよう」

 「シクラメンの花言葉は 「恥かしがり屋さん」・・・まさに君のことね!」

ルクリアの 甘い香りが漂う中 
カノジョの柔らかい唇が 僕の頬に・・・
Chu!
もうそこには ビスクドールの仮面はない

バックミラーには
キャデラック以上に ピンク色になった 恥かしがり屋 二人が写っていた







【かわいいピンクのキャデラックの二人用ソファ】C-CAR SOFA(PINK)

新品価格
¥398,000から
(2013/12/15 01:56時点)




No.200-100 プレミアムエディション 1959 キャデラック エルドラドピンク

新品価格
¥3,900から
(2013/12/15 01:57時点)



スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.