FC2ブログ

ペーパーバック・ライター ~ CLKDTM ~ ビューティフルマインド ~

 29,2013 23:34
ビートルズがサンフランシスコのキャンドルスティック・パークで
最後のコンサートを行ったのは 今から47年前

ペーパーバック・ライターの僕は コスタビクトリアのデッキから ホワリと空を見上げた
真夏の空に 似つかわしくない どこまでも高く碧い空が続く

 「また あの子のことを考えていたでしょ!」
隣でAnnnaが叫ぶ
物心ついたころから いつも僕の傍にいる
小麦色に焼けた肌とアゲハチョウの髪飾りが特徴的な彼女は
 「私がいるからいいじゃない!」
と頬を膨らませた

2年前に別れたカノジョへ 僕は手紙を書いた
もう一度 同じ道を歩けないかと・・・
大桟橋で 乗船券を手に5時間待った・・・しかしカノジョは現れなかった

 「あなたには パソコンと小説 そしてAnnaがいればいいんでしょ」
そう言って カノジョは出ていった
何も 返す言葉のない僕が カノジョの後ろ姿を 
そっと 見つめたとき 涙を受け止める
盃のようにオレンジ色の半月が 輝いていた・・・

船は 翌日名古屋に寄港した
宛もなく ふらりと下船した僕は 
元素記号47番(シルバー)の CLKDTMベンツが
停車するカフェに入った
CLK DTM

カランとした店の中には 僕とAnnaのほかに一組の年配のカップルがいた
CLKのドライバーであろう すこし日に焼けた肌に 
淡いピンク色の麻のジャケットを羽織った男は
向かいの女性を一瞥もせずに CLKを見つめながら 漆黒のコーヒーを飲んでいた
一方 スカイブルーのスカーフを巻いた女性のほうは
只管 彼を見続けていた 
二人に 会話はなかった・・・

 「あの人たち なんか不思議・・・」
Annaが僕の耳元で つぶやいた
上辺だけを見れば 何の愛情も感じない二人が
合図もなく フワリと同時に席を立ったとき
ジバンシーのキセリュズルージュの甘い香りが 二人の想いを代弁した
・・・いつまでも どこまでも・・・と・・・



そんな二人を見て 僕は Annaを抱きしめたくなった

~ 僕はしがない ペーパーバック・ライター
  好きな女性がそばにいても カノジョを連れ出す勇気もない
  自分の描いた ストーリーの中で 
  ロマンスを満喫する臆病者 ~

 「そんなの いや・・・」
Annaが 一歩下がった
女心はわからない
・・・
 「節操がないな」
そんなAnnaを見て 僕は我に返った

 「Gomen・・・・・・・・・」
相手先不在の言葉が フワリフワリと浮遊して 店の外に出ていこうとしたとき

ペイズリー柄のフレアスカートが それを捕まえた

 「わたしこそ ごめんなさい・・・」
純白のブラウスに明らかに長くなったストレートヘアー・・・カノジョだった

 『今からでも ご一緒できる?」
カノジョの言葉に 首を縦に振る
 「Annaちゃんは?」
 「君の隣にいるよ」
そう僕が言うと カノジョは言った
 「Annaちゃん ごめんね 私にも彼が必要なの 一緒にいてもいいかしら?」



僕の幼馴染であり 僕が書いた小説『嵐の海で』の主人公でもある
いつでも どこでも一緒の 永遠に18歳の Annaは
ニコリと笑って 頷いた 
天才数学者ジョン・ナッシュを見る 諜報員パーチャー(Ed Harris)のように


コスタビクトリアの汽笛が鳴ったとき 
カノジョと僕は 2年ぶりに強く 抱きしめあった
そんな 二人を見守るように アゲハチョウがフワリと飛んだ





ビューティフル・マインド [Blu-ray]

新品価格
¥1,685から
(2013/8/31 02:42時点)




京商オリジナル 1/18 メルセデス ベンツ CLK DTM AMG カブリオレ (ホワイト)

新品価格
¥10,080から
(2013/8/31 02:43時点)




スポンサーサイト



Latest Posts -

Designed by Akira.

Copyright © 映画と車が紡ぐ世界 All Rights Reserved.