FC2ブログ

 01,2018 メイズ・ランナー ~ 206CC ~ READ MORE

 11,2018 ボブという名の猫 ~ 2008 ~ READ MORE

 17,2016 バグダッドカフェ ~ 306 ~ READ MORE

 22,2014 The Long Goodbye ~ RCZ ~ READ MORE

 11,2013 巴里<夢の国 ~ 208GTI ~ 巴里のアメリカ人 ~ READ MORE

welcome-image-photo
206CCは ルーフトップを開けたまま駐車場に 停まった「Cafe 空と海」 雲一つない空の色が 海に映りこむに圧倒的な ブルーの世界にうねるような岬の緑 現代アートのようなパステルカラーの世界が広がるその中で 唯一 焦げ茶と白で統一されたカフェの存在は 裂けた空間から現れた 別次元の店のように思えたそして 私も モノトーンの世界に飲み込まれる・・・海が見えるカウンターに座る店の中から見える海は モノトー...
今年届いた年賀状は個展の招待状を兼ねていたこのアパートに引っ越してきて8年毎年届く 送り主不明の年賀状は 前の住民宛だったコメントはいつも ”お元気ですか?”の一言だったが必ずオリジナルの猫の絵が描かれていた自分宛てに来るのは 大量印刷のそっけない年賀状ばかり・・・いつしか 僕にとって この年賀状が一番の楽しみになっていた今年の年賀状は 僕の愛車と同じブルーのプジョーのボンネットで眠る マフラーをま...
306の先頭に立つベルフォールのライオンが見つめる先には 南風の神ノトス の気まぐれで うねりを見せる砥粉色の砂丘が続いているその中にぽつりと立つ一軒の朱塗りの建物は 間違いなくラスヴェガス近郊 モハーヴェ砂漠のうらぶれた ブレンダの店(Bagdad Café)を意識していた”Kari Corori ”と 鳴く 扉を開けるとほのかにココナツの香りが絡みつく昼時で 飲食店としてはゴールデンタイムといえる時間であるが店内に 生気が...
僕とカノジョの仲直りには マリーが必要だアメリカンショートヘアーのマリーとお気に入りのおもちゃ『ミニマウスくん』はカノジョと一緒に僕の家に嫁いできたマリーは僕たちにとって大切な猫だった僕たち二人が喧嘩をすると マリーは 加害者の所へ『ミニマウスくん』を加えてやってきたその精度は100% NASAの精密機械に劣らないそんな時 僕らは『ミニマウスくん』に手紙を付けるするとマリーは それを相手に持って行く「ご...
カノジョが女に変わった瞬間どうしようもない虚無感に襲われた僕は巴里のアメリカ人で歌うアンリ(Georges Guetary)のようにカノジョを中心に回る舞台から降りることを決めたPeugeot208GTIのエンジンを点火し カノジョの笑顔を消去しよう・・・そう誓ったネズミたちの「夢の国」に隣接する新興住宅街で隣人同士として育った 僕とカノジョは 家族ぐるみの付き合いだったこともあり幼稚園の頃から カップルとしての関係を強制さ...