FC2ブログ

 14,2019 ワイルドスピード ~JZA80 スープラ 2000 ~ READ MORE

 16,2019 グレイテスト・ショーマン ~ イプサム240S 2005 ~ READ MORE

 18,2018 スライディング・ドア ~ シエンタ 2016 ~ READ MORE

 04,2018 サウンドオブミュージック ~ S17クラウン 2002 ~ READ MORE

 15,2018 巴里祭 ~ ジャパンタクシー 2017~ READ MORE

welcome-image-photo
付き合っていたころのほうがカノジョのことを 理解していた週一回のデート以外 毎日5分間の通話だけがカノジョとの接点だっただから僕は カノジョの言葉遣いや 呼吸の状態にまで気を配り 身体全体で カノジョの情報を受け取ろうとしたそれが 一緒に暮らすようになると手を伸ばせば すぐそこにいる安堵感によって僕のカノジョを感じるレーダー機能は退化してしまった幸せな生活を手に入れたことで 不要になった機能・・・...
列車の窓を開けると懐かしい茶畑のライトグリーンが視界一杯に広がり新茶の香りが 車内を駆け巡った ・・・ような気がした帰ってきた・・・10年前・・・芸能プロダクションの女社長の目に留まり 僕は この街を出た茶畑の真ん中で 茶摘みをしながら 空と大地に向かって ひたすら唄うだけの 一本道の人生に 突然現れたクロスロード横道の先は 何も見えるはずはないのだが P・T・バーナム (Hugh Jackman)のように 僕に...
11月も中旬になって 北海道でようやく初雪が観測された今年の日本列島は暖冬の兆しそんな中で 一人極寒のオーラに包まれている僕は呼び鈴を聞いて 玄関に向かった”Hacsyooooooon!!”リビングを抜けて廊下にでると ひんやりとした空気に包まれる 部屋の中だというのに バナナで釘が打てるほどの寒さに感じたのは何の装飾もない 真っ白な廊下の壁が 立山黒部アルペンルートのように見えるからだけではない  カノジョがこの...
60年前・・・初めてのお客様は 同愛記念病院を指定した腰の曲がったおばあさんは長年連れ添った旦那さんが危篤だと言っていたあの頃のタクシーは社交場のように お客様もよく自分のことを話した新橋で乗せた泥酔したサラリーマンは連光寺(多摩市)までの 約1時間半上司の悪口を言いっぱなしだった上司のいないドライバーという職業を選んでよかったと思った帰り道・・・真っ暗な多摩川河川敷の道路でパンクした 朝まで仕事に...
車を路肩に停めるといつもの弁当屋の列に並ぶオフィス街の一角にあるこの店は12時になると 巨大なビルから 心太のように押し出されたサラリーマンが 店の前で 長い行列を作る注文まで15分 お弁当を受け取るのにさらに15分合計30分の 弁当行列・・・でも・・・ 僕にとっては その時間は トイストーリーマニアの待っているようにアトラクションの一つであった弁当屋の隣にある花屋・・・僕は毎日 自分の相棒 ジャパンタク...