FC2ブログ

 24,2019 バンブルビー ~ ビートル Type1 1967 ~ READ MORE

 23,2016 偶然の旅行者 ~ クロスポロ ~ READ MORE

 24,2016 Ted ~ ジェッタ ~ READ MORE

 14,2016 レポゼッション・メン ~ トゥアレグ ~ READ MORE

 16,2015 スターリングラード ~VW type2 ~ READ MORE

welcome-image-photo
人は 頼られるからこそ 人として生きていられる誰からも 頼られなくなったとき人は 生きていられない行き先を遮るように広がっていた真っ白な吐息が桜の開花ニュースが 気になるころにはまったく 見えなくなっていることに 誰も気が付かないそんな風に 人でなくなった者たちは 昨日までいた 人の視界に 映ることさえできなくなるこれは 特別なことではなく人が脈略と積み重ねてきた理ただ その時が来るまで 誰も気が...
女は 南へ向かうオレンジ色のクロスポロを駆って・・・カノジョの頬の色と同じ薄紅色のもみじの葉が舞う道の向こう側にぼんやりと ”あの日”が見える「君と 僕の見ている未来は 違うようだ」プロジェクトが成功したお祝いに カノジョが プレゼントしたシルバーの眼鏡を キラリと輝かせて彼が言ったいつの間にか インテリ学者のようになっていた彼はその一言だけを残して 私のライフサイクルから外れていった引きずってなん...
9回裏 ツーアウト ランナー1塁あと一人で優勝が決まる名門チームのピッチャーは ネクストバッターズサークルを見て にやりと笑った一点差で迎えた最終バッターは 萬年控えの背番号13番・・・ そう 僕だ緊張してバットと脚が小刻みに震えたZubaaaaN ”ストラーイク”目の前を通過した速球より 主審の 大きなコールに 腰を抜かしそうになったレッドゾーンに振りきれたままの僕の二気筒エンジンアクセルを緩める間もなく 第...
思い出の世界と 夢の記憶との間に 垣根は無いどちらも自分の想い通りに ならない 時の記録・・・日本海を進む 強力な低気圧の影響で太平洋側の地域一帯に南風が吹き荒れ 気温が25度まで押し上げる中春一番の根源を探すようにトゥアレグは 風に向かって走り続けたそこに 僕の意識はなかった   家族のために できる限り高給を目指したいそれが始まりだった・・・はず・・・しかし 今思えば家族のために というにはあま...
ようやく 自分の伴侶を見つけた・・・そう感じたとき またしても あの視線・・・オーロラの下に立っているような冷気が僕を包み込もうとする僕は 街を出ることにした「愛してる・・・」の一言から逃げるのは これで8度目・・・スターリングラードのスナイパーヴァシリ・ザイツェフ(Jude Law)の脳裏に焼き付いた 怨霊たちのように・・・母と 突如放置された女性たちの視線が 僕を呪縛する・・・僕は 幸せになってはいけな...